箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年11月16日号
  • LINE
  • hatena

山崎などで砲弾の応酬 箱根町郷土資料館 戊辰箱根戦争にスポット

社会

明治期の風祭の写真 遊撃隊は箱根側(奥)の高台付近から小田原勢へ砲撃したとされる(町郷土資料館蔵)
明治期の風祭の写真 遊撃隊は箱根側(奥)の高台付近から小田原勢へ砲撃したとされる(町郷土資料館蔵)
150年前、三枚橋で白兵戦も

 150年前に幕末の箱根で起こった「戊辰箱根戦争」をテーマに、箱根町郷土資料館が企画展を開いている。今では観光渋滞で車が連なる山崎や湯本三枚橋などが戦場となり、箱根で40人ほどの死者・行方不明者が出た事はあまり知られていない。明治150年の節目を機に、同館がスポットをあてた。

 1868年(慶応4年)、江戸城開城後に旧幕府軍から抜け出した抗戦派の「遊撃隊」は房総半島で勢力を増やしていた。4月には100人以上が館山から海路で真鶴に上陸、その後伊豆や御殿場方面などをまわり、沼津から江戸へと進軍を図った。

 小田原藩は新政府軍に従っており、遊撃隊が領内を通らないように説得したものの失敗。箱根関所で遊撃隊との銃撃戦が勃発した。ところが翌朝、突如小田原藩は和睦を提案し、遊撃隊は小田原城下入りを果たす。小田原城内が佐幕(幕府存続)に転じたのだった。

変わる藩論

しかし、それを知った新政府側は小田原攻めの構えを見せた。江戸から駆け付けた家老も佐幕の無謀さを説いた結果、わずか数日で小田原藩は新政府側に戻った。双方は再び戦火を交える事になり、遊撃隊は山崎の高台(旧湯本中学校近く)に砲台を築き、小田原藩は長興山や石垣山方面から砲撃。その後は三枚橋で白兵戦となり、遊撃隊は湯本の町に放火しながら箱根宿〜十国峠〜熱海へと敗走した。

 逃げ遅れた隊士は箱根の各地で討ち取られた。宮ノ下の旅館(旧大和屋※現在は廃業)には隊士が逃げ込んだという米びつなどが残された。山崎は古戦場として絵葉書などの題材になった。隊士の位牌が残り、供養を続ける常泉寺(宮ノ下)では今でも子孫が尋ねる事もあるという。

 同館の企画展は11月25日まで。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

デマンドタクシー真鶴も

湯河原は10月スタート1日平均14・4人利用

デマンドタクシー真鶴も

12月14日号

12年ぶり、湖畔の大名行列

地下壕に箱根の火山灰

座間で初公開

地下壕に箱根の火山灰

11月30日号

現職と元町議が立候補へ

微小プラごみ、どこへゆく

県が調査 湯河原真鶴にも漂着

微小プラごみ、どこへゆく

11月16日号

学びの場 学生手作り

箱根湯本

学びの場 学生手作り

11月2日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク