箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

闇に浮かぶ 火の梵字

文化

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
大学生の山本さんが舞うように松明をふるう
大学生の山本さんが舞うように松明をふるう

 箱根板橋駅近くの秋葉山量覚院で12月6日、無病息災を祈る行事「火防祭」が行われた。ブオーというほら貝とともに修験者装束の山伏たちが来場。祈りの声が響くなか、山本俱徳山主の長男・山本祐聖さん(19)が松明を握って闇に梵字を書いた。今回で3回目という山本さんによると「儀式中は高揚して頭がまっ白でした」。会場中央の炎は薄く拡げられ、赤くくすぶる灰の上を山伏たちが裸足で闊歩。信徒や観光客も続々と靴を脱ぎ「オンヒラヒラケンノウソワカ」の真言を唱えながら踏みしめた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク