箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた 守屋 セイさん 湯河原町門川在住 91歳

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

ずっと柔らかい両手

 ○…数年前まで湯河原で助産師をしていた。取り上げた赤ちゃんの数は5千は下らない。新成人の中にも人生の初日にお世話になった人がいるはずだ。本紙記者に向かって「あなた、あたしが生ませたんじゃないよね」とにんまり。現役は引退したが「いい仕事をしてきたつもり。昔はお母さんたちから沢山手紙が来たんだ」と目を細くした。ベテランの両手を見せてもらうと、実に柔らかい。

 ○…自宅併設の助産院には今も当時の名残がある。赤い家具や、赤いじゅうたん、ご本人も赤い服が好き。「赤が縁起物だから。無事に生まれるようにね」。この部屋で、同時に複数の妊婦さんが産気づく事もあった。「お腹を見れば何時に出てくるか分かる。大変な時は笑わせて元気付けた。生まれるとみんな転がって喜んでた」。壁には県知事や各種団体からの表彰状が残っていた。平成12年に厚生労働大臣表彰を受けたが、昔の功績はあまり興味がないらしい。

 ○…雪深い秋田県の二ツ井(能代)に生まれ、父は近衛兵で東京で働いていたという。故郷が無医村だったため医療の道を志し、看護婦や助産婦の資格を取って上京した。「父のようにイラく(偉く)ならなきゃ、女でも何だってできると思ってね」。当時は運転免許を取る女性も珍しかった。車を乗りこなし、隣の箱根や横浜、海を越えて初島に出張したことも。

 ○…家庭では姉さん女房だったが、夫の賢一さんは昨年他界した。「夢で会うよ」とぽつり。三味線や日舞、民謡に習字など、様々な分野で表彰状を貰ったのも、ぜんぶ過ぎたこと。今ではデイサービスで入る温泉が楽しみだ。掲載用に撮影させてもらうと「美人を撮ってどうするの」。10年前にも一度取材をした事があるが、メガネの形は変わらずだった。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク