箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

箱根温泉おかみの会会長を務める 吉田 幸恵さん 箱根町湯本在住 61歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

困った時こそ明るく灯る

 ○…箱根の名だたる旅館の女将たちによる「女将の会」を引き継いだのは、2015年春。ほぼ同時期に大涌谷が噴火し、温泉街から人影が消えた。「どうしようという状態でしたが、先を心配して女将が暗くなってはいけない。仲間同士の結束は深まりました」。風評被害の中でも足を運んでくれたお客さんを、全力でもてなした。

 ○…実家は小田原市浜町にある創業100年以上の老舗蒲鉾店。折箱店や印刷店も軒を連ねる「街じゅう忙しい」職人街に育つ。店頭に並ぶ白い蒲鉾はめったに口にできず、魚の骨やあらなども混ぜて作った「すじぼこ」の味が懐かしい。城内高校、青山学院大を卒業後、お見合いで湯本の旅館「玉庭」に嫁いだ。先代の女将が教えてくれたのは深いお辞儀の仕方から、庭に生える苔の種類まで。「育て直してもらったようなものです」。

 ○…多忙の日々の合間に空き時間ができると、趣味で誰かにお茶を立てたり、庭掃除をしながら庭木のつぼみを見つけたりと、つまり年中仕事をしている。母として男の子2人を育てた。あえて「勉強しなさい」と言わずにいたところ、兄弟で教え合うようになり、その後2人とも医師になった。夫の知司さんも整形外科医で、診察代わりに腰を押してくれる。

 ○…会では親睦を兼ねておもてなしを磨く講座を開いてきた。御礼状を書くときに役立つ絵手紙講座、タンスに眠る着物を使った帯アート作り、火山を擁する観光地ならではの防災講習も。最近は女将のいる宿が減りつつある。外国人観光客が増え、会話の際にスマホの翻訳機能も駆使するようになった。確かなのは、おもてなしの本質は変わらないという事。モットーは「笑門来福」。女将の笑顔は逆風にも負けず、今を照らしている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク