箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年3月8日号
  • LINE
  • hatena

接客の20人、みな認知症 「注文を間違える豆腐屋カフェ」

文化

「大げさな話じゃないですよ」とカフェを運営する浅沼さん
「大げさな話じゃないですよ」とカフェを運営する浅沼さん

 接客するのは認知症の人。もしかしたら、注文を間違えるかもしれない。そんな豆腐屋カフェが3月10日(日)に町立湯河原美術館の「ミュージアムカフェ・アンドガーデン」で開かれる。時間は10時〜午後4時。

 認知症の人達とともに暮らす寛容な社会づくりを目指し、町田や御殿場の飲食店でも開かれている取り組み。今回は小田原市グループホーム・小規模多機能連絡会の川井悠司代表(40)がアンドガーデンを運営する浅沼宇雄さん(44・湯河原町宮上の豆腐店「十二庵」代表)とタッグを組み、開催にこぎつけた。川井さんが目指すのは間違っても、笑顔でいられる雰囲気。「室内にこもりがちな認知症の人が表に出る機会や、社会参加につながれば」と願う。この日は地元湯河原在住者を含む20人の認知症のスタッフが交代で働く。メニューは普段よりも数を絞っているものの、基本的に周囲は手を出さずに接客してもらう予定だ。

 浅沼さんは祖母(故人)が認知症だった。「人間は間違えるもの。最近は自分に厳しく、他人にも厳しい人が増えた気がする。『まあいいか』をキーワードに、お互い愛をもって接する空気が生まれれば」と話している。

and garden の店内
and garden の店内

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク