箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

被災地ボランティアとして東北に通う 梅原 雄蔵さん 湯河原町土肥在住 71歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

「好きな事してるだけ」

 ○…東北へボランティアに通い、石巻のヒマワリの種を苗にして毎年1000鉢ほどを湯河原で配っている。会場には撮りためた被災地の写真も展示。地元も災害と無縁ではないからこそ口ぐせのように「忘れないで」と言ってきた。活動は地元紙で何度も取り上げられたが、本音は目立ちたくないらしい。「被災地支援は、黙ってこっそりやるべきだと思っていましたから」。思い悩んでいると、仲間が肩をたたいて「行きたくても行けない人がいる、堂々とやって」。その言葉で何かが吹っ切れ、積極的に広報するようになった。

 ○…少年時代の湯河原は見渡す限りの田んぼで、川ではウナギも捕まえた。休日の定番は父・五雄さんに手を引かれて、伊豆や横浜の史跡めぐり。そんな幼少期の影響か、相洋高校時代は東北を徒歩で巡り、行く先々で宿や食事を助けてもらった。8年前に思い出の地が津波に襲われ、いても立ってもいられず現地へ。車が何台も水に浮かぶ、凄惨な光景に打ちのめされ、支援活動中も住民に話しかけられなかった。今も東北に通い続ける理由は「人手不足だから」「好きな事をしてるだけ」と頭をかく。新居に移った人や、少しずつ笑顔を取り戻す人。ごく単純に、会いたい人がいる。

 ○…専修大卒業後は共済農業協同組合連合会に就職し、保養施設の支配人からテレビ番組の企画、保険の示談など様々な仕事を経験した。職場結婚した奥さんが作るサラダが今も大好物。酒はほとんど飲まない。退職した今では孫と遊ぶのが趣味になった。ナイフで鉛筆を削ったりマッチを擦って見せたり、野山を歩いて立小便。現代っ子が知らない事をこっそり教え込む理由は、災害時に役立つから。「忘れないで」は何よりも自分自身に向けられている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク