箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

(PR)

郷土の”いだてん” 第1回 金栗四三と渋谷寿光先生

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
東京高等師範学校徒歩部。前列左から2人目が金栗四三、5人目は嘉納治五郎校長、6人目が監督の可児徳、後列右から3人目が渋谷先生
東京高等師範学校徒歩部。前列左から2人目が金栗四三、5人目は嘉納治五郎校長、6人目が監督の可児徳、後列右から3人目が渋谷先生

 渋谷寿光先生は明治27年(1894)に松田町で生まれ、県立第二中学校(現県立小田原高校)に学び、東京高等師範学校(現筑波大学)へ進学した。その徒歩部(現陸上競技部)ではストックホルム五輪に初参加した金栗四三が後輩たちを熱心に指導していた。渋谷先生は金栗とマラソンの練習に励み、さまざまな大会に入賞した。

 大正7年(1918)に卒業後、物理化学の教諭として県立小田原中学校(現県立小田原高校)に赴任。在学されていた閑院宮春仁王殿下に化学をお教えするとともに、徒歩部で後に参議院議長となる河野謙三たちを熱心に指導し、横浜貿易新報社(現神奈川新聞社)主催の県下中学校駅伝競走で優勝した。大正8年に金栗が世界に通用するランナーを育てるために駅伝レースを提唱すると、渋谷先生はその企画の実務を担当した。東京から箱根まで一人で歩いて距離を測り、中継点を決め、コースを設計。大正9年の箱根駅伝第1回大会は夜箱根を走るので、小田原中学校徒歩部の部員たちを松明を持って配置してコースを照らしたり、選手の伴走をさせたりした。

 以後、日本陸上競技連盟の常務理事を務めながら、ロサンゼルス五輪の日本選手団役員、ベルリン五輪の陸上競技総監督、戦後は箱根駅伝の審判長、東京五輪の審判団団長を無償で務めた。昭和58年(1983)に88歳で亡くなるまで、わが国陸上競技の審判技術と大会運営の発展に尽くした。

渋谷先生と東京オリンピックのポスター
渋谷先生と東京オリンピックのポスター

郷土のいだてん 第1回

箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

VWティグアンが月々2万円台

もうすぐ、元号も自分も変わる

VWティグアンが月々2万円台

さらに大幅値引き+用品10万円分プレゼント

4月19日号

VW小田原で新元号セール

人生の分岐点となる車を販売する 祝・令和

VW小田原で新元号セール

大幅値引き+ゴルフシリーズ用品10万円分プレゼント

4月5日号

スマホは暮らしの必需品

スマホは暮らしの必需品

始めたい人も使いこなしたい人も、ドコモスマホ教室へ

3月22日号

春のおでかけガイド

就職への第一歩はサポステから

15歳〜39歳の「働きたい」方へ

就職への第一歩はサポステから

3月8日号

下取りサポート最大30万円

満足度1位の愛されワーゲン フォルクスワーゲン

下取りサポート最大30万円

3月2日・3日 ワクワク スプリングフェス

3月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク