箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

創始者が一万円札に 箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 2024年に刷新される1万円・五千円・千円が9日に発表され、箱根ゆかりの渋沢栄一が1万円札の肖像に選ばれた。

仙石原で牛乳やバターなど生産

 渋沢栄一は銀行や製紙、化学やガスなど様々な事業を手掛けたが、開墾もその内の一つだった。明治13年、仙石原村・元箱根村の約700ヘクタールに益田孝男爵らとともに仙石原に牧場「耕牧舎」を開設。渋沢栄一の従弟である須永伝蔵が現地責任者となり、最盛期には牛200頭や馬80頭を放牧して牛乳やバターなどを地元や東京に出荷していたとされる。

 耕牧舎はその後伝蔵の死去などにより閉鎖され所有地の約半分は仙石原村に寄付された。耕牧舎を母体に昭和5年に発足したのが、大涌谷の温泉造成などで知られる箱根温泉供給(仙石原)で、同社内には今も創始者の一人として、渋沢栄一の写真が掲げてある。同社総務課の辻内純一さん(48)は「新紙幣の肖像に選ばれたのは誇らしいこと。多くの業績を残したすごい人という認識で、驚きましたが意外とは思いません」。長尾峠の麓の草地には今も渋沢栄一が揮毫した須永伝蔵の記念碑が残っている。

 千円札の裏面デザインは、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」。海外では「ビッグウェーブ」とも呼ばれる有名な絵で、箱根の岡田美術館や隣の熱海・MOA美術館が実物を所蔵している。岡田美術館では3月までの企画展で展示したばかり。学芸員の近森愛花さんは「嬉しい。ついに北斎がきたか、という感じです」。MOA美術館では、4月19日から5月21日まで展示している。

小田原でも新札を刷る

 これらの紙幣の印刷を担うのが、小田原にもある国立印刷局工場。2004年の紙幣刷新の時は製造ラインにホログラム貼付機器などを導入したが、今回の刷新では高精細な「すき入れ」模様や肖像の3D画像が回転する最新ホログラムなどを採用する予定。小田原工場でも「偽造防止に向け必要な改修を行うことになる」(財務省)という。
 

耕牧舎跡に立つ石碑の題は渋沢栄一が揮毫したもの
耕牧舎跡に立つ石碑の題は渋沢栄一が揮毫したもの

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

吉浜交番が連絡所に

吉浜交番が連絡所に 社会

 署員の安全など考慮 4月に変更

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク