箱根・湯河原・真鶴版エリアトップへ

宮城野保育園分校跡へ実施設計

教育

掲載号:2015年5月29日号

  • googleplus
  • LINE
移転先の城内分校跡 石碑が残る
移転先の城内分校跡 石碑が残る

 宮城野保育園(園児数58人)の移転新築に向けた実施設計の入札が行われる見込みとなった。現在の保育園は築50年と老朽化が進んでおり、町はかつて旧小田原城内高校の分校(定時制)があった土地に移転新築を計画している。分校にはかつて地域の企業や宿泊施設で働く若者が通い、400人以上が学んだ。廃校後は町有地となっており、駐車場として使われている。新築費などは約3億9千万円の見込みで構造や規模は未定。今年度中に設計を終え、来年度から工事を始め、2017年度の完成を目指す。移転新築に合わせて敷地前の道路の一部も拡幅する予定。

  • googleplus
  • LINE

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新3件