港北区版 掲載号:2017年3月9日号

新横浜

発災時の混乱防止対策 社会

約300人で訓練

プラカードを掲げ誘導
プラカードを掲げ誘導

 新横浜駅周辺混乱防止対策連絡協議会は3月3日、新横浜駅とその周辺一帯で災害時の帰宅困難者を想定した対策訓練を行った。同会所属の約30団体、約300人が参加。2019年のラグビーワールドカップや翌年の東京五輪開催時、外国人観光客が多く来訪することを考慮し、外国人の対応にも重点を置いた。

 当日は、午前10時に市内最大震度6弱、区内震度5強の地震が発生し、鉄道運休のため駅周辺に多数の帰宅困難者が滞留していることを想定した。まずは駅前広場で鉄道の運行情報と一時滞在施設をアナウンス。今年は翻訳機を取り入れ、英語、中国語、韓国語にも対応した。

 今回は新横浜駅周辺にある14の一時滞在施設のうち、横浜アリーナ、新横浜プリンスホテル、新横浜グレイスホテル、横浜医療情報専門学校の4施設を使用。「焦らずゆっくり歩いてください」と声をかけながら、プラカードを持ったスタッフが帰宅困難者を各施設へ誘導した。

 実際に震災が起こった際には、まず一時滞在施設で一日過ごす。14施設で約5000人の受け入れが可能。翌日以降は帰宅が困難な人のみ横浜アリーナで待機することができる。

3・11時帰宅困難者は3千人

 東日本大震災発生時、同駅周辺の公的施設では約3400人の帰宅困難者を受け入れた。これを教訓とし、2012年3月に新横浜周辺の企業、町内会、行政機関などが同協議会を発足させ、帰宅困難者対策訓練を始めた。過去3回訓練に参加したという、テュフラインランドジャパン株式会社の防災担当、S・シュタークさんは、「外国人は地震の経験が初めての人がほとんどなので、母国語が通じない国となると余計にパニックに陥ると思います。今後はより多くの言語が通じるようになれば」と話す。

防災用品も完備

 大豆戸町にある防災備蓄庫には、備蓄品としてアルミブランケットやトイレパック、ランタン、ラジオ、水缶、ビスケットなどが完備されている。誘導訓練の後にはこれらの紹介も行われた。小野崎信之副区長は「事業所や団体ごとの訓練・備蓄が大切。”自助・共助”を意識し、ともに災害に備えていきたい」と話した。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

学習成果発表会で第2位

横浜医療情報専門学校

学習成果発表会で第2位

3月23日号

4月から活動再開

港北童謡の会

4月から活動再開

3月23日号

安協へ横断旗800本寄贈

横浜港北RC

安協へ横断旗800本寄贈

3月23日号

港北区を題材に映画制作

市民団体

港北区を題材に映画制作

3月23日号

観音菩薩像が修理完成

西方寺

観音菩薩像が修理完成

3月23日号

消防署へ石碑寄贈

港北防災支援の会

消防署へ石碑寄贈

3月23日号

休日急患診療所が移転 4月2日

港北区医師会の各機関も移転します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/