金沢区版 掲載号:2011年10月6日号

昔懐かしい色水遊び

赤紫の実「ヨウシュヤマゴボウ」

日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

 ヨウシュヤマゴボウは「洋種山牛蒡」と表し、いわゆる「西洋のヤマゴボウ」のことです。ゴボウの名が付いていますが、野菜のゴボウ(キク科)の仲間ではなく、ヤマゴボウ科の有毒植物で、食用にはなりません。観光地で売っている土産物のヤマゴボウは、一般にモリアザミの根(野菜のゴボウの根を使うこともある)を利用しています。

 別名「アメリカヤマゴボウ」。明治の初めに北米より移入してきた帰化植物で、英名は「インク・ベリー」(インクの代用の意)。学名は「植物性ラッカ」。ラッカとは、インド原産のラックカイガラムシをさし、このカイガラムシの体表から出る分泌物は、貴重な赤紫色の染料として使われています。

 子どもの頃、この実を水に溶かしてきれいな色水を作って遊んだ経験がある方も多いと思います。私も子どもながら「なんてきれいな色だろうか」と感心したものでした。実も茎も赤いヨウシュヤマゴボウは、秋になると葉も美しく紅葉します。この根を乾燥して利尿剤や吐しゃ剤、リュウマチ、寄生虫駆除等の薬用に利用されています。

 ヨウシュヤマゴボウは、夏から秋にかけて金沢区内の山林で普通に見ることができます。
 

可憐な花=写真上=とキレイな色がでる実=同下=
可憐な花=写真上=とキレイな色がでる実=同下=

<PR>

金沢区版のかなざわ草花の詩最新6件

代々夫婦仲睦まじく

季節の花㉘ 正月の供え物に「カキ」

代々夫婦仲睦まじく

1月5日号

子供のイヤリング遊びにも

街路樹【9】 紅葉する「モミジバフウ」

子供のイヤリング遊びにも

12月8日号

信長発案の街道一里塚

名木古木【10】 金龍院の「エノキ」

信長発案の街道一里塚

11月24日号

黄葉した葉はカルメラの香り

街路樹【8】 芳香な「カツラ」

黄葉した葉はカルメラの香り

11月10日号

菊によく似た秋明菊

季節の花㉗ 「シュウメイギク」

菊によく似た秋明菊

10月27日号

越後上布 薩摩上布の材料

季節の花㉖ 「カラムシ」今は雑草化

越後上布 薩摩上布の材料

9月29日号

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

権現山で紅葉狩り

権現山で紅葉狩り

12月21日、参加者募集

12月21日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 岡村中学校

    12月14日号

  • この種、何に似ている?

    第6回 アオツヅラフジ 金子さんの草花の不思議発見

    この種、何に似ている?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    12月14日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・竹中直人 角川書店(のち「直人の素敵な小箱」と改題し文庫化)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『月夜の蟹』

    12月7日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク