金沢区版 掲載号:2014年1月30日号

企業の技術を情報発信 経済

2月13日、PIAメッセ

「産業団地の企業の良さを知って欲しい」と真鍋さん
「産業団地の企業の良さを知って欲しい」と真鍋さん
 金沢臨海産業団地の企業や技術の情報を発信する「PIAメッセ」が2月13日(木)、横浜市金沢産業振興センター(福浦1の5の2)で開催される。午前10時から午後4時。入場無料。31の企業と団体が参加し、技術や製品、事業の情報を内外に向けPRする。主催は横浜金沢産業連絡協議会(産連協/沼田昭司会長)。

 「金沢区内の産業団地にこんなに良い技術や製品があることを、内外に知って欲しいんです」と話すのは、PIAメッセ運営を担当する産業政策委員会の委員長・真鍋緑朗さん(54/アールテック代表取締役)。産業団地内には800社を超える企業が集積するが、企業相互の交流は驚くほど少ないという。イベントを通して企業間が理解を深めることで、新しい仕事の創出や商談につなげていきたい考えだ。さらに、行政や関連団体、教育機関とも連携を深め、産学官連携などの「きっかけ作り」も目指していく。

 もちろん、区外企業への情報発信も狙いの一つ。各企業の技術や取り組みだけでなく、モデル地区として取り組む「横浜グリーンバレー構想」などもPRする。真鍋さんは「まだ団地内でも浸透しきれていない構想だが、段階的にきちんと取り組めば世界からも注目されるであろう構想」と期待を込める。

各社がブース展示

 当日は、精密コーティング技術を持つ藤森工業(幸浦)、食品や化粧品・医療品の色素を製造する発巳(きし)化成(福浦)、水に強く破れにくいストーンペーパーを使用した「大地震対応マニュアル」を作る野毛印刷(福浦)など25社がブース展示。

 また、横浜型地域貢献企業や横浜知財みらい企業、「全日本製造業コマ大戦」などの産連協会員による特色ある取り組みも紹介する。そのほか、3Dプリンターのデモや「BCPで会社を強くする」セミナーの開催、交流会などを予定している。

 問い合わせは産連協【電話】045・781・1131へ。

金沢区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 奇妙な形をした果実

    第3回 アオギリとボダイジュ 金子さんの草花の不思議発見

    奇妙な形をした果実

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    10月19日号

  • 奇妙な形をした果実

    第3回 アオギリとボダイジュ 金子さんの草花の不思議発見

    奇妙な形をした果実

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    10月19日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『弩(ど)』著・下川博 講談社文庫文・協力/金沢図書館

    10月12日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク