港南区・栄区版 掲載号:2017年9月14日号

9月4日付で栄警察署の署長に就任した

坂本 仁義(ひろよし)さん

栄区在住 55歳

攻めの防犯に取り組む情熱家

 ○…146人の栄署職員を前に訓示では「正」「強」「仁」をキーワードに掲げた。「警察官は正しく、犯罪に負けないよう体力も気力も知力も強くなければいけない。何よりも優しくて思いやりがあること」。署長職は今回が初めて。栄区で勤務するのは警察学校を卒業して以来となる。「栄区は住宅街が広がり落ち着いた街。地域一丸でセーフコミュニティーに取り組んでいて意識が高い」。だからこそ「頼れる存在として、警察官には安心感があることが大切」と気を引き締める。

 ○…警察官になろうと思ったきっかけはある事件。大学生だった昭和50年代半ば、東京下町で覚せい剤中毒者が住民を切りつける事件があった。「こんな理不尽なことがあってはならない。警察官として世の中をかえたい」。警察官になって配属された大半が生活安全の分野。薬物対策や少年犯罪の対策のほか、児童虐待防止にも取り組んできた。「一人でも多くのかわいそうな子どもや弱者を減らしたい。そして被害者を減らしたい」。いつもその想いが胸にある。

 ○…多忙な職務の中、心が休まるのは「身体を鍛えること」という。青森県むつ市出身で高校まで地元で育ち、大学進学で上京した。高校・大学時代は町道場で空手に打ち込み、今は自転車のロードバイクで鍛えている。ダイエット目的で始めたが、箱根やヤビツ峠を越えたりと、すっかり本格的に。「坂を登ったときの達成感が何ともたまらない。それが楽しみ」

 ○…「言い方はソフトに、思いは熱く」。自他ともに認める「情熱家」だ。情を持って人に接し、一丸となって物事に取り組もうと、信念にしているのは『人は石垣』という言葉。「人との出会いこそが大切」。多様化し、巧妙化する犯罪に対し、行政や外郭団体の連携をより深めていきたい考えだ。「なんでも積極性が重要。これからは『攻めの防犯』が重要になる」。情熱家の舵取りがいよいよ始まった。

関連記事powered by weblio


港南区・栄区版の人物風土記最新6件

エリエジオ・サントスさん

サッカーの元ブラジルU-20代表で、栄区のエスぺランサSCに新加入した。

エリエジオ・サントスさん

8月31日号

千葉 青濤(せいとう)さん

こうなん文化交流協会・美術部会の部会長として活動活性化に尽力する

千葉 青濤(せいとう)さん

8月24日号

湯川 孝則さん

国際ロータリー第2590地区の今年度ガバナーを務める

湯川 孝則さん

8月10日号

森 茂徳(しげのり)さん

港南少年補導員連絡会の会長として活動する

森 茂徳(しげのり)さん

7月27日号

谷本 吉年さん

港南区スポーツ推進委員連絡協議会の会長としてスポーツイベントを支える

谷本 吉年さん

7月20日号

鵜飼(うがい) 典男さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の第24代会長に6月18日付で就任した

鵜飼(うがい) 典男さん

7月13日号

9/10くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/