南区版 掲載号:2017年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

横浜国際高

チョコ販売で国際貢献 教育

「フェアトレード」を実践

販売したチョコを手渡す生徒
販売したチョコを手渡す生徒
 六ツ川の県立横浜国際高校(森慎二校長)の3年生が中心となり、フェアトレード認証を受けたチョコレートを生徒らに販売する試みが1月24日と25日、同校で行われた。

 世界では経済格差などが原因で開発途上国で生産された製品が先進国で低価格で販売され、生産者に正当な対価が支払われない事態が起きている。「フェアトレード」は、途上国の製品を適正な価格で継続的に購入・販売し、途上国の生活改善などを目指す貿易の仕組みのことで、認証された製品を購入することで途上国の生産者、労働者をサポートすることができる。

 今回はグローバルビジネスについて学んでいた3年生チームの10人が中心となって企画。フェアトレードを広め、同校が目指す国際平和・貢献につなげようと考えた。

 ボリビアやペルーのカカオ、フィリピンの黒砂糖など、フェアトレードの原料で作られたチョコレートを地元商店の協力を得て販売。2日間で170個を売った。霜越楓さん(3年)は「これまではプレゼンなどが中心だったが、直接フェアトレードの製品に関わることができた。後輩にも継続してほしい」と語った。

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク