南区版

トップニュースの記事一覧

  • 診断までの時間長く

    認知症

    診断までの時間長く 社会

    初診から1カ月以上14%

     早期発見、早期治療が重要とされる認知症だが、市内の病院と診療所で初診から診断まで1カ月以上かかる事例が約14%あることが市の調査で明らかになった。2025年に...(続きを読む)

  • スポーツ参加を支援

    2019年度南区予算案

    スポーツ参加を支援 社会

    自主企画に約1億円

     南区が2019年度に行う自主企画事業の予算案、概要がこのほど明らかになった。同事業の予算は約1億円。過去4年と同様に「減災」「健やか」「賑わい」など、4つの重...(続きを読む)

  • 市まち普請事業に認定

    中村地区おもいやり隊

    市まち普請事業に認定 社会

    世代超えた拠点整備へ

     中村地区で買い物支援などを行う主婦らによる「おもいやり隊」(津ノ井美晴代表)が横浜市の「ヨコハマ市民まち普請事業」に提案していた「世代を超えた集いの場にするた...(続きを読む)

  • 寿東部地区支援で市長賞

    南区役所

    寿東部地区支援で市長賞 社会

    外国人・地域の共生進める

     南区役所が外国籍住民が急増している寿東部地区で進めてきた外国人と地域社会がともに暮らしやすいまちづくりの取り組みが優れていたとして、1月24日に「チーム横浜...(続きを読む)

  • 働き方改革 女性が率先

    井土ヶ谷下町向洋電機土木

    働き方改革 女性が率先 経済

    国、県、市の受賞続々

     従業員が働きやすい職場づくりに取り組む井土ヶ谷下町の電気工事業、向洋電機土木株式会社(倉澤俊郎社長)が1月、市が呼び掛ける「よこはまグッドバランス賞...(続きを読む)

  • 体育館が「ディスコ」に

    体育館が「ディスコ」に 社会

    施設連携でダンス初企画

     体育館をディスコのような雰囲気にして踊って楽しむ企画「サンデーディスコ」が1月20日、南スポーツセンターで行われた。障害の有無に関わらず、ダンスを通...(続きを読む)

  • 「学校づくり」一冊に

    日枝小住田校長

    「学校づくり」一冊に 教育

    組織活性化、実践例を出版

     市立日枝小学校の住田昌治校長が校長として取り組んできた学校づくりや働き方改革などについてまとめた本「カラフルな学校づくり」を1月に出版した。「元気な学校は元気...(続きを読む)

  • 弘明寺商店街が「大賞」

    弘明寺商店街が「大賞」 経済

    県表彰で取り組み高評価

     弘明寺商店街(長谷川史浩理事長)の取り組みが優れたていたとして、昨年12月25日、神奈川県や経済団体から「かながわ商店街大賞」の大賞に選ばれた。同商...(続きを読む)

  • 「活動拠点作りに支援を」

    唐沢・中村市民団体

    「活動拠点作りに支援を」 社会

    26日、市補助金審査へ

     唐沢・中村地区で2018年から買い物支援などのボランティア活動を行う「おもいやり隊」が活動拠点作りの計画を進めている。拠点整備費を得るため、市の「ヨ...(続きを読む)

  • 南消防団に総務相感謝状

    南消防団に総務相感謝状 社会

    全国有数の団員増加

     南消防団(涌井正夫団長)が2017年度に団員数を大幅に増やし、地域防災力の向上に寄与したとして、このほど、総務大臣から感謝状を受け取った。団員増加によって感謝...(続きを読む)

  • 「『三方よし』さらに広げる」

    大木区長インタビュー

    「『三方よし』さらに広げる」 社会

    2019年の抱負語る

     2019年の幕明けにあたり、本紙は南区の大木節裕(ともひろ)区長にインタビューを行い、就任3年目となった18年の振り返りと今後の事業について聞いた。大木区長は...(続きを読む)

  • 「吉野町からお囃子を」

    「吉野町からお囃子を」 文化

    町内会長ら正月に活躍

     お三の宮日枝神社近くの吉野町の住民らが中心になったお囃子団体「吉野町囃子連」の活動が続いている。数多くのみこしが出ることで有名な秋の例大祭がありながら、これま...(続きを読む)

  • 「希望に満ちた横浜に」

    「希望に満ちた横浜に」 政治

    林市長、新年の抱負語る

     年頭にあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。市長就任10年目を迎える林市長は「さまざまな施策が花開いている」と昨年までの成果を示すととも...(続きを読む)

  • 横浜国際高校10周年祝う

    横浜国際高校10周年祝う 教育

    外国語教育で進化続ける

     県立横浜国際高校(桜田京子校長、生徒数586人)=六ツ川=の創立10周年記念式典が12月12日、西区の県立青少年センターで行われ、約550人が参加し...(続きを読む)

  • 振り込め詐欺 被害最悪

    振り込め詐欺 被害最悪 社会

    今年、南区内で約3億円

     南区内での今年の振り込め詐欺被害額が約3億円となり、金額、件数ともに過去最悪となっている。詐欺の手口が電話や封書など多様化していることから、南警察署...(続きを読む)

  • 生徒の居場所 支援広がる

    横浜総合高

    生徒の居場所 支援広がる 教育

    カフェ資金、ネット受付中

     市立横浜総合高校(小市聡校長)=大岡=が生徒の自立支援のため、週1回開く居場所カフェ「ようこそカフェ」の運営資金をインターネット上で募る「クラウドファンディン...(続きを読む)

  • 後押し受けて「光の祭典」

    後押し受けて「光の祭典」 社会

    15、16日に「ぷろむなぁど」

     蒔田公園に市民のアート作品を展示する「光のぷろむなぁど」が12月15日、16日に行われる。主催の市民団体代表が昨秋に急逝。一時は昨年を最後の開催にし...(続きを読む)

  • 中国旅行社と誘客タッグ

    中国旅行社と誘客タッグ 経済

    市、観光推進へ協定

     横浜市はこのほど、中国の大手オンライン旅行社Ctrip(シートリップ)と観光誘客などに関する連携協定を締結した。市内宿泊者で最多となる中国人旅行者の拡大などが...(続きを読む)

  • 永田小に「助郷」資料室

    永田小に「助郷」資料室 社会

    連合町内会中心に整備

     江戸時代の荷役制度「助郷(すけごう)」の資料を展示する「永田村すけごうルーム」が永田小学校内に完成した。永田の歴史にとって重要な助郷を後世に伝えよう...(続きを読む)

  • 浪曲で知って「蒔田の吉良」

    浪曲で知って「蒔田の吉良」 文化

    歴史研究会が企画

     「忠臣蔵」で赤穂浪士に討たれた吉良上野介の吉良家が蒔田に領地や城を持っていたことを題材にした浪曲が11月24日に旅館松島=蒔田町=で披露された。市民...(続きを読む)

  • 「障害者も外出楽しんで」

    「障害者も外出楽しんで」 社会

    当事者家族が情報誌出版

     県内の特別支援学校に通う子どもを持つ保護者が中心となり、バリアフリー情報誌「enjoyist。かながわ」を出版した。障害がある子どもと一緒に暮らす家族にもっと...(続きを読む)

  • 六つ川西小 40周年祝う

    六つ川西小 40周年祝う 教育

    地域と歩み、子ども躍動

     市立六つ川西小学校(小倉睦校長、児童数438人)が創立40周年を迎え、11月17日に同校で記念式典が行われた。節目の年を祝おうと、マスコットキャラク...(続きを読む)

  • 「清掃の輪」広がり見せる

    「清掃の輪」広がり見せる 社会

    区ごみ拾い企画に300人超

     南区内のさまざまな団体がごみ拾いを行う「つながり清掃ウォーク」が11月を通して行われている。区が企画したもので、活動集中日となった17日は蒔田公園な...(続きを読む)

  • 2歳児の受け入れ開始

    市内私立幼稚園

    2歳児の受け入れ開始 教育

    市、待機児童解消へ新事業

     横浜市は12月から、一部の私立幼稚園で2歳児の受け入れを始める。対象年齢を広げることにより、待機児童の解消につなげる狙い。スタートは2園にとどまるが、来年度以...(続きを読む)

  • 住環境改善の歴史 一冊に

    大岡みつが丘

    住環境改善の歴史 一冊に 社会

    造成60年、有志が奮闘記

     蒔田の丘の上にある「みつが丘地区」が造成・分譲された約60年前からの歴史をまとめた冊子が10月下旬、住民有志によって作られた。造成当初の開発の混乱によって、道...(続きを読む)

  • 風疹、市内感染止まらず

    風疹、市内感染止まらず 社会

    患者数 昨年の10倍超

     関東を中心に感染が広がっている風疹。横浜市によると、市内の風疹患者は今年10月28日時点で94人を数え、昨年1年間の9人と比べ、すでに10倍以上とな...(続きを読む)

  • 生徒の居場所 支援募る

    横浜総合高

    生徒の居場所 支援募る 教育

    ネットでカフェ運営資金

     市立横浜総合高校(小市聡校長)が生徒の自立を支援するための場として週1回開く居場所カフェ「ようこそカフェ」を継続させるため、運営する公益財団法人など...(続きを読む)

  • 南消防団 初の定員超え

    南消防団 初の定員超え 社会

    勧誘強化で目標達成へ

     南消防団(涌井正夫団長)の団員数が11月1日時点で定員の395人を上回る401人となり、2009年に寿、大岡の両消防団が統合してから初めて定員を超えた。市内の...(続きを読む)

  • 教育の「持続可能性」考える

    教育の「持続可能性」考える 教育

    井土ヶ谷で教員ら議論

     横浜市が推進する「SDGs」(持続可能な開発目標)を教育現場でどう実践していくかを考える集会が10月20日、井土ヶ谷下町の地域交流拠点「井土ヶ谷アー...(続きを読む)

  • 介護人材に留学生ら

    横浜市

    介護人材に留学生ら 社会

    ベトナムと覚書、支援整備

     横浜市は新たな介護人材確保策として、海外からの人材受け入れ支援に乗り出した。今年度はベトナムの都市や学校と覚書を締結。年度内に介護インターンシップ生や留学生を...(続きを読む)

3/7家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月16日15:15更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

商店街自慢の品揃う

商店街自慢の品揃う

23日、区役所で防災企画も

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク