宮前区版

2016年3月の記事一覧

  • 地元とともに歩んで10年

    フロンタウンさぎぬま

    地元とともに歩んで10年

    さらに充実した施設運営目指す

     川崎フロンターレが運営するフットサル場「フロンタウンさぎぬま」が、4月1日で開設10年を迎える。この間、フットサル拠点としてだけでなく、年に数回施設...(続きを読む)

  • 五十路の全国大会で優勝

    ママさんバレーチームはぴねす

    五十路の全国大会で優勝 スポーツ

    泣き笑いの末、初の栄冠

     宮前区、麻生区、多摩区在住の50代女性らによるバレーボールチーム「はぴねす」が、3月11日から13日にかけて滋賀県で開催された「第27回全国家庭婦人バレーボー...(続きを読む)

  • 鉄道基金の正しい活用を、緑地整備の故郷づくり加速を

    市政報告Vol.4

    鉄道基金の正しい活用を、緑地整備の故郷づくり加速を

    川崎市議会議員 矢沢たかお

     3月18日に閉会した第1回の定例会では今後の川崎市の指針となる新総合計画や28年度の予算特別審査委員会などが行われました。その中、私が今回質問したのは主に3つ...(続きを読む)

  • 治療後、長く使っていくには【3】

    デンタルIQを高めよう!その49 インプラント第7回

    治療後、長く使っていくには【3】

    取材協力/かねやす歯科医院

     インプラントとそれを支える周囲の組織との間で炎症が起こる「インプラント周囲炎」についてこれまで説明してきた。その要因として最後に紹介しておきたいのが”噛み合わ...(続きを読む)

  • 区内唯一の”五ツ星”が厳選

    ヤマイチ健康ニュース

    区内唯一の”五ツ星”が厳選

    11種類のバラエティーセット新発売 ネット販売も

     地域密着50年、犬蔵のお米専門店「ヤマイチ」から新商品『11種類バラエティーセット』が登場した。五ツ星お米マイスター小嶋和江さんが一つ一つ厳選。「香り・食感・...(続きを読む)

  • 県予算を家計に例えると?

    『せいじのみかた』VOL.‌66 企画・制作/維新の党

    県予算を家計に例えると?

    神奈川県議会議員 飯田満(維新の党)

     神奈川県の平成28年度予算が成立しました。県政史上最高となった予算は2兆317億円。県民910万人として、家計に例えてみました。 給与...(続きを読む)

  • 子育て応援企画始動

    子育て応援企画始動 社会

    当事者目線で協力店募る

     住民皆が子育てを応援する区を目指して――。子育て中の困り事や悩みを区民が自ら解決する企画「子育て応援アクション(仮称)」が実現しようとしている。...(続きを読む)

  • 「ひとりで悩まないで」

    「ひとりで悩まないで」

    宮前区社協が協力する「介護者のつどい」と「認知症家族会」を開催中

    在宅介護者の会 介護の悩み、疑問を共有して健やかな生活を―。宮前区社会福祉協議会の在宅介護者支援事業をきっかけに発足した在...(続きを読む)

  • さぎ沼さくらまつり

    さぎ沼さくらまつり

    4月2日、駅前特設会場

     第7回「さぎ沼さくらまつり」が今年も4月2日(土)、駅前特設会場で開かれる。時間は午前10時から午後4時30分。雨天決行。 当日はステ...(続きを読む)

  • 児童らアスリートと交流

    児童らアスリートと交流 スポーツ

    障害者スポーツなど体験

     子ども達が様々なスポーツ体験を通して未来を考えるイベント「カワサキ・ボーダレス・スポーツ・フェスタVol・2」が21日、宮前スポーツセンターで行われた。...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

「心臓移植しか道がない」

戸塚に新たな夏祭り

公立校で目指す甲子園

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

7月13日号

海水浴場閉鎖へ

走水海岸

海水浴場閉鎖へ 社会

3月31日号

競泳日本代表を目指して

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/