高津区版 掲載号:2017年4月21日号

南武線武蔵溝ノ口駅

エコステはじまる 経済

国内駅初の水素システムも

水素システムをバックにテープカットで祝う関係者ら
水素システムをバックにテープカットで祝う関係者ら

 JR南武線武蔵溝ノ口駅が、駅導入日本初となる自立型水素エネルギー供給システムなど環境保全技術を導入した「エコステ」モデル駅としてリニューアルし、4月17日に福田紀彦市長らを招いて式典を行った。福田市長は「普段から利用する駅に最先端の技術が導入されたことで、多くの方に身近に感じてもらえたら」と期待を寄せた。

 今回のリニューアルの目玉は「自立型水素エネルギー供給システム」の導入。一緒に設置した太陽光パネルによる電気で水を分解し、水素を貯蔵タンクに貯めて燃料電池で発電するため、水素製造時に二酸化炭素を排出しない。水と太陽光のみで稼働できるので、災害時にも安定的にエネルギーを供給することができる。また平常時は、電力をホーム上の照明に供給し、お湯は待合スペースに設置するウォームベンチを温めるために使用される。

 今回のリニューアルは、JR東日本横浜支社が2015年に川崎市と締結した包括連携協定に基づくもの。南武線沿線の駅の中で、乗降客数や設置スペースの有無などで武蔵溝ノ口駅が選ばれた。

 式典であいさつした同社の渡利千春支社長は「南武線は川崎の発展とともに歩んできた。これからも川崎市と協力し、人とまちと鉄道の更なる発展を図っていきたい」と話した。
 

高津区版のトップニュース最新6件

猫用名札を無料配布

川崎市

猫用名札を無料配布

5月26日号

情報満載のマップ完成

二子新地

情報満載のマップ完成

5月26日号

地域活動をサイトに集約

高津区

地域活動をサイトに集約

5月19日号

地域をひとつの「大学」に

シンジョーまちなカレッジ

地域をひとつの「大学」に

5月19日号

待機児童「ゼロ」に

川崎市

待機児童「ゼロ」に

5月12日号

半年で参加者1000人突破

Facebook「ふらっと溝の口」

半年で参加者1000人突破

5月12日号

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

溝口でシャンソンを

溝口でシャンソンを

5月28日 高津市民館

5月28日~5月28日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九七回「影向寺縁起」

    5月26日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九六回「大山街道と地域医療」

    5月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/