海老名版 掲載号:2016年9月16日号

海老名駅駅間地区

新名称は「めぐみ町」 社会

扇町北側「泉」も同時施行

開発が進む駅間地区
開発が進む駅間地区

 小田急電鉄(株)が開発を進めている海老名駅駅間地区の住居表示が、「めぐみ町」にこのほど決まった。対象となるのは、市立中央図書館や市文化会館を含む市内上郷の約19ヘクタール。現在エリア内に居住者はいないが、今後高層マンションなどの建設が予定されており2500人ほどの人口増が見込まれている。新名称の施行は来年2月13日。

 駅間地区は、小田急線とJR相模線の海老名駅間に広がる事業用地。駅前開発で隣接地に新たな町が誕生するため、単独の町名が設けられた。

 新名称については現在居住者不在であることから、市が地権者である小田急電鉄(株)と民間企業の2者と議論を重ねてきた。数ある候補の中から、「海老名に恵みをもたらす街になれば」という願いを込め「めぐみ町」が選ばれた。

 関連議案が現在開会中の市議会9月定例会に提出され、8月31日に全会一致で可決。正式決定となった。来年2月13日に施行され、めぐみ町が誕生する。

約2500人増見込み

 駅間地区のうち約3・5ヘクタールは、高層分譲マンションなどの住宅エリアと、オフィス・商業施設などの2エリアに分けられる。地権者である小田急電鉄(株)が10月以降に開発を進める計画で、完成は2025年度を予定。マンション等の建設により、約2500人の人口増が見込まれる。

同時施行の新町名「泉」

 昨年7月に住民アンケートが行われ、4案の中から選ばれた扇町北側の新名称「泉」も、めぐみ町と同じく2月13日に施行される。上郷・上今泉・下今泉の住所が入り組んだ地であったため、今回、1つの住居表示に統一されることとなった。めぐみ町と泉が新たに誕生することで、市全域の地名は29になる。
 

海老名版のトップニュース最新6件

県央初 部活動検討委設置へ

海老名市

県央初 部活動検討委設置へ

5月19日号

自分たちで「備災」

知的障害児者への支援強化

市手をつなぐ育成会

知的障害児者への支援強化

5月12日号

増全寺の本堂が完成

中新田

増全寺の本堂が完成

5月12日号

名店・名産品を認定

海老名市

名店・名産品を認定

5月5日号

追悼水墨画展を開催

上今泉の画家小山閑泉さん

追悼水墨画展を開催

5月5日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/