海老名版 掲載号:2017年3月10日号

東柏ケ谷

「さくらまつり」初開催 社会

昔の人出を取り戻すために

「さくらまつり」を企画した小林さん
「さくらまつり」を企画した小林さん

 東柏ケ谷から海老名や隣接する綾瀬・座間を盛り上げようと、地元住民や商店の有志らが「さくらまつり」を3月20日(月・祝)に初開催する。同所での大型イベントは、地元商店街が解散して以来、初めて。

 かつて東柏ケ谷では、さくら並木商店街が朝市などを運営し、賑わいを見せていた。しかし2年前に同商店街が解散。活発だった頃に比べ、「さくら並木通り」では店舗や歩行者の減少が目立ってきた。

 今回、音頭を取ったのは、(株)ライブフードプロデュースの社員であり、東柏ケ谷育ちの小林裕輝さん(31)。同社のデイサービス1周年を記念し企画した地域貢献イベントをきっかけに、将来に向けた地域活性につなげようと住民や商店を巻き込んだ「さくらまつり」を提案した。

 これに賛同した地域住民や12の商店が中心となり、祭りの実行委員会を発足させた。現在は本番に向けて、入念な準備を進めている。

家族で楽しめる内容に

 同まつりでは「おいしい・うれしい・たのしい」をテーマに、洋菓子店の特価商品や野菜の詰め放題などの飲食コーナーから、保険や相続等の各種相談会、手芸品の販売、絵画の展覧会、プロマジシャによるマジックショー、プロキックボクサーの西京兄弟によるデモンストレーションなど、バラエティーに富んだ催しが用意されている。

 企画した小林さんは「幼い時に見ていた人出が多かった地元の風景をまた見たい。自分の子どもたちの世代のためにも、地域の活性につながれば」と話す。

 当日の会場は(株)ライブフードプロデュース本社(東柏ケ谷1の6の12)と三角公園。時間は午前9時〜午後4時(正午〜1時は無し)。問合せは同社【電話】046・236・6123へ。
 

海老名版のトップニュース最新6件

相模川の氾濫域が拡大

洪水浸水想定図

相模川の氾濫域が拡大

4月21日号

「防災用井戸」公園に設置

国分寺台

「防災用井戸」公園に設置

4月21日号

空き家対策に一手

海老名市

空き家対策に一手

4月14日号

フリーペーパーを創刊

本郷在住高橋千尋さん

フリーペーパーを創刊

4月14日号

海老名寒川線が本格運行

住宅・商業地ともに上昇

公示地価海老名市

住宅・商業地ともに上昇

4月7日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/