海老名リトルシニア2年連続で全国出場飯塚監督「チームの結束、より強固に」

スポーツ

掲載号:2017年6月16日号

  • googleplus
  • LINE
全国出場を決めた「海老名リトルシニア」のメンバー
全国出場を決めた「海老名リトルシニア」のメンバー

 中学硬式野球チーム「海老名リトルシニア」(飯塚良二監督)がこのほど、第45回リトルシニア日本選手権大会への挑戦権をかけた試合で勝利を収め、全国への切符を手にした。同チームの出場は2年連続7回目となる。

 日本選手権は「リトルシニアの甲子園」と呼ばれるほど、レベルの高い試合が繰り広げられる大会。明治神宮野球場で今年は8月3日から8日まで行われ、全国の予選を勝ち抜いたチームで頂点を争う。

 同チームが所属する関東連盟では、現在行われている予選(夏季大会)に203チームが出場。上位18チームに全国大会の挑戦権が与えられる。

 海老名シニアは2回戦から出場し、初戦を10対0と大差をつけコールド勝ち。続く3回戦も順調に突破した。全国出場をかけた4回戦でもこの勢いは止まらず、初回から3点を先制する好スタートを切ると、その後は堅い守りを見せ、危なげない試合を展開し勝ち切り2年連続の全国出場が確定した。11日には5回戦が行われ、強豪・浦和と対戦。乱打戦となったが、最終回に大逆転劇を演じ、関東ベスト8入りもしている。18日に海老名運動公園野球場で午前9時から6回戦(対取手)が行われる。

 チーム主将の久保田優之介選手は「関東大会前は、チーム全体が決して良い状態ではなかったが大会を通じて良くなってきた。保護者が願いを込めて作ってくれた千羽鶴の『元気球』をモットーに念願の全国制覇を目指して頑張ります」と抱負を語った。また、飯塚監督は「チームとしてのまとまりがようやく出てきたところ。全国までの2カ月でもう一度鍛えなおして挑戦していく」と話した。

  • googleplus
  • LINE

海老名版のトップニュース最新3件