小田原版 掲載号:2013年8月24日号

JT跡地

イオンが取得

出店へ事業計画を策定中

開発の行方が注目される(奥がグラウンド)
開発の行方が注目される(奥がグラウンド)

 全国でショッピングセンターを展開するイオンタウン(株)(本社/千葉市美浜区)が、市内久野にある日本たばこ産業(株)(=JT)の小田原工場跡地を取得、出店を計画している事がわかった。20日に行われた市議会建設経済常任委員会で、市が跡地の購入者を明らかにした。

 JTの小田原工場跡地面積は約5・9ヘクタール。隣接するグラウンド跡地約2・2ヘクタールと共に、今年5月9日に入札によって売却される事が発表されていた。旧工場は工業地域、グラウンド跡地は第一種住居地域に指定されており、商業施設を新たに建設する場合、一定の規制がある。

 小田原市によると、8月14日にJT側から売却手続きが完了したとの連絡を受け、土地登記簿で確認した所、8月9日付けでイオンタウン(株)に所有権が移転されていることがわかったという。

 今回のJT跡地利用について、イオンタウン(株)は「現在事業計画を策定中」として、具体的な活用法は明らかにしていない。市産業政策課企業誘致担当は「現時点ではどういった活用がされるかわからない。市が進めている『中心市街地活性化事業』に影響が少ないような業態、事業をという要望を伝えている」と話し、今後イオン側と調整を図っていく考えを示した。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

宿敵撃破で初IHへ

旭丘高相撲部

宿敵撃破で初IHへ

6月25日号

放置自転車抑制に一手

なるか、五輪出場

県西版DMOが発足

白秋童謡館など改修

6月補正予算

白秋童謡館など改修

6月11日号

子ども食堂が酒匂に誕生

小田原版の関連リンク

クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

生演奏で優雅な昼時

生演奏で優雅な昼時

月例のミニコンサート

6月28日~6月28日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/