小田原版 掲載号:2017年1月7日号

お城通り地区再開発

整備事業者に万葉倶楽部 経済

4事業者から選出

小田原駅東口の開発予定地
小田原駅東口の開発予定地
 小田原市が進める小田原駅東口お城通り地区の再開発で、広域交流施設ゾーンの整備を行う事業者に、市内栄町の万葉倶楽部(株)が優先交渉権者として選出された。施設は、2019(平成31)年中頃の完成を予定している。

 ラスカ小田原と市民交流センターUMECOの間に建設する広域交流施設ゾーンの整備にあたり、11月中旬までに4事業者が企画を提案。12月16日に市役所でそれぞれからプレゼンを受けた選定委員会が審査し、26日に優先交渉権者を発表した。

 事業計画予定地は約6000平方メートル。市は、ホテルの客室をはじめ図書館や子育て支援機能を持つ公共施設と、商業、コンベンション機能を併設する実施方針を示し、事業提案を募集していた。

 万葉倶楽部の提案は、1階に大型バスの待機所を設けることで、「『藤棚』で降りて小田原城を見学した人が、駅周辺を回遊してバスに戻ってきてもらえれば」と地域経済の振興を目指す内容だった。高橋眞己専務(55)は「中心市街地の活性化に貢献したい」と話した。

 選定委員の講評や、具体的な提案内容などについては、1月下旬を目途に公表。今年度中に基本協定を締結、来年度以降に施設の設計をした上で着工する。次点は、ルートインジャパン(株)と(株)新都市ライフホールディングスによる共同事業体だった。

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

着々進む「街なか緑化」

芸術家の登竜門が70年

小田原市市展

芸術家の登竜門が70年

5月20日号

大友亀太郎の功績辿る

尊徳門下生

大友亀太郎の功績辿る

5月13日号

「満員御礼で当日を」

大相撲小田原場所

「満員御礼で当日を」

5月13日号

先進の研究拠点を公開

関東学院小田原キャンパス

先進の研究拠点を公開

5月6日号

生誕110年で回顧展

彫刻家横田七郎

生誕110年で回顧展

5月6日号

関連記事(ベータ版)

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

芳香に誘われて

芳香に誘われて

ローズフェスタ開催中

5月9日~6月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/