小田原版 掲載号:2017年11月4日号
  • googleplus
  • LINE

ヒノキ苗「シカから守れ」生息数増で被害多発

社会

「樹皮喰い」されたヒノキ
「樹皮喰い」されたヒノキ
 久野の林地でヒノキ苗をニホンジカから守る活動が、明日11月5日(日)に行われる。小田原箱根山地では10年ほど前からシカが定着し、自然林への影響や、林業の被害が多発するなど問題が深刻化しつつある。

 頭数が増えすぎた丹沢山地では、低層に生える草が食べつくされて生態系が劣化するなど環境に深刻な影響が出ている。山に近い畑では農作物の被害も発生している。

 今回の活動を企画したのは、小田原周辺の森林整備をしているNPO法人「小田原山盛の会」。副理事長の川島範子さん(59)は、15年ほど前はシカの姿を見たことも鳴き声を聞いたこともなかったという。

 枝や幹をかじって樹皮を剥ぎ取る「樹皮喰い」や、雄ジカが木で角を研ぐ「角コスリ」が確認されるようになったのは7、8年ほど前。樹皮喰いや角コスリによりスギやヒノキの苗木や若木が枯死し、林業の被害も多い。会は3年前から年30回ほど生息調査を実施しているが、「(頭数は)かなりのスピードで増えている」と危機感を募らせる。

500本を保護参加者募集中

 活動では500本のヒノキ苗の周りに約1・5メートルの4枚の割竹を差し、縄で結び角コスリから守る。

 5日は午前8時30分に市役所駐車場に集合。乗り合わせで作業現場の久野の釜石林道ゲート脇へ移動。林業被害の見学や、元丹沢大山学術調査副団長の古林賢恒さんの説明もある。正午に市役所に帰着。希望者は本日4日(土)に申し込めば参加できる。参加無料。軍手と飲み物持参、歩きやすい靴か長靴で。(問)川島さん【電話】090・9349・7014またはメール【メール】norako.k@nifty.comへ。小雨決行。

小田原版のトップニュース最新6件

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク