緑区版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

第70回全国教育美術展で横浜市教育委員会賞を受賞した、青砥どんぐり保育園の園長 吉川 孝道さん 座間市在住 54歳

感性の芽気付かせ伸ばす

 ○…「うちのような小さな保育園が選ばれたことには驚きましたが、これまで取り組んできたことが評価されたようで嬉しい」と、全国教育美術展での受賞に思わず笑顔がこぼれた。「絵画専門の先生が教えているわけではありませんよ」。自身の指導方法が間違っていなかったことを確認するように言葉を噛みしめた。

 ○…両親が保育園を管理していたことから幼児教育が身近にあった。そんな時サラリーマン時代に出合った絵画や造形指導に関する1冊の本が、現在の道へと進むきっかけとなった。子どもの絵は「見たままを描かせると思っていたけどそうではなかった」。それからは、著者が開催していた研修会に何度も足を運び指導方法や考えを必死に学んだ。学んできたことを「現場で発揮したい」と考え園の門を叩いてから約20年の間、スパイスを加えながら一歩一歩独自のスタイルを確立させてきた。

 ○…自身が先頭に立って舵を取る園では、絵画や造形指導を通して子どもたち1人ひとりの得意分野や興味などを最大限に引き出す”感性教育”に注力する。「肌色といっても暗い肌色や明るい肌色もありますよね」。子どもが感じた色をそのまま表現できるようにと、園では80色の絵の具を使って絵を描いている。また、園庭いっぱいにダイナミックな造形物を展示する野外造形展も今では保護者らの間で名物に。「面白いアイデアがたくさんでてくるので私たちも楽しいです」と、感性教育の魅力を語る。

 ○…幼児期には「教えるのではなくて、様々な体験を通して子どもに気付かせることが重要なんです」とは、感性教育のヒント。その影響をうけた自身の子ども2人も同じ幼児教育の道へ進んだ。「できれば私の想いを継いでほしい」と、将来を思い描いている。これからも「やるべきことや考えは変わらない」。明るい未来を担う子どもたちの感動の心”感性”の芽を伸ばし続けていくために。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

都築 利正さん

地域デビューを応援する「人生楽笑・次代塾」の企画運営を行う

都築 利正さん

3月15日号

ふじい みのりさん

音楽教育やライブを行い、音楽で地域を盛り上げる活動に取り組む

ふじい みのりさん

3月8日号

中島 進市さん

観察会を定期開催し、自然の魅力を次世代に伝える

中島 進市さん

3月1日号

作田 豊彦さん

鴨居第四地区自治会長を務める

作田 豊彦さん

2月22日号

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク