緑区版 掲載号:2012年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

中山から箱根の頂点、世界へ 神大にクロカンコース完成

スポーツ

新設されたコースを走る選手
新設されたコースを走る選手

 台村町にある神奈川大学中山キャンパス内に陸上競技部などが使用するクロスカントリーコースが完成し、今月8日、披露式典が行われた。

 式典には、中島三千男神奈川大学学長、関東学生陸上競技連盟関係者などが出席。中島学長は「97、98年には箱根を連覇した時代もあった。学生にはこのコースで力をつけ、箱根での上位進出、世界を目指す選手になって欲しい」とあいさつした。

 その後、陸上競技部駅伝ブロックの大後栄治監督がコースを説明。選手によるデモンストレーション走行も行われた。

 今回新設されたコースは、全長1,100m、トラック部分を加えると1,500mで、高低差は6階建てマンション相当となる20m。選手への負担を軽減させるために、全面にウッドチップが敷かれている。大学キャンパス内に設置されたコースとしては全国でもトップクラスの規模という。

 これまで、同駅伝ブロックは早朝、市内の公園などで練習を行っていたというが、これからは、中山キャンパスを練習の中心としていく。大後監督は「新しいコースができて、選手が一番喜んでいます。練習に集中できる環境で、箱根で再び頂点を目指したい。また、卒業後は、マラソンで世界と勝負できるような選手になるための基礎をこのコースで作って欲しい」と選手に期待をかけていた。
 

式典ではテープカットも行われた
式典ではテープカットも行われた

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク