緑区版 掲載号:2012年12月6日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

祝鴨居駅開業50周年 「サンコーグループはおかげさまで40周年」 これからも彩り豊かな街の一端に

サンコー鴨居本店
サンコー鴨居本店

 パーラー鴨居本店やカラオケタワー、そば屋など、緑区に4、都筑区に2店舗を構える「サンコーグループ」が今年創業40周年を迎えた。「皆様に支えられ節目を迎えることができました。これからも、鴨居の発展に少しでも貢献させて頂ければ」と町田憲昭代表。そこで、同グループの歴史などを取材した。

「お客様がつくるお店」

 駅開業10年後に現在の場所に創業したのが「サンコー鴨居本店」。「流れゆく時代、地域とともに『時代にやさしいパチンコ店』を掲げ地域に密着した楽しい遊び場を目指してきました」と町田代表は話す。

 同店利用者には、創業当時から来店する常連、年配の人も多い。スタッフの名前を憶えている人もいる。「お客様から話かけて頂くことが多いです。プライベートなことも多いですね」とスタッフは笑顔を見せる。

 「お店の雰囲気はお客様によって作られていると感じています。だからこそ、5年、10年と同じ場所に居続けられたら」

スロット専門店

 POPな空間を楽しんでもらうため「THE AMERICAN」を掲げているのが11年前にオープンしたスロットタワーサンコー。7年前には「多彩な機種構成!それが表現方法」とするハイパーサンコーが開店した。スロットタワーの4階にはカラオケ「タワースタジオ」があり、「食べ物、飲み物が持ち込み可能で、老若男女にご来店頂いております」

地域と密着した店舗

 都筑区センター北の「サンコーニュータウン店」が開店したのが18年前。同店は鴨居店の「昔ながらの雰囲気」にニュータウンとしての「新しいもの」を融合させた店舗を目指している。「街の発展に負けない店舗にしていきたい」との思いは強い。店舗隣に「町そば七五三」を8月に開店させたのも、お客様のニーズに応えるためだ。

「地元の皆様とともに」

 「40年前はアミューズメントという言葉もなく電動パチンコが出始めた時代。現在はアイドルグループAKBがコンテンツとなった台が人気を博し女性のお客様も増えました」と町田代表は話す。同グループは煙草対策として空気清浄器の導入や禁煙コーナーを設置。これも全ては「時代にあった店舗」を目指しているからこそ。「彩りある街の一端として地元の皆様と今後もともに歩んでいけたら」
 

創業当時のニュータウン店
創業当時のニュータウン店

三興

鴨居店 スロットタワー店 ハイパー店 カラオケスタジオタワー店 ニュータウン店

TEL:045-932-6828
TEL:045-929-0777
TEL:045-929-2717
TEL:045-929-0333
TEL:045-913-5535

http://www.parlorsanko.co.jp/

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「不動産トラブル相談して」

「サンデー見学会」を初開催

グランドマスト横浜鴨居

「サンデー見学会」を初開催

2月8日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

2月1日号

「バディランツァーレ」関東大会へ

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク