緑区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

十日市場町自治会 備蓄米を地産地消で 専用冷蔵庫に保存

社会

十日市場町自治会館の横に設置された専用冷蔵庫に入っている玄米。左は田中会長
十日市場町自治会館の横に設置された専用冷蔵庫に入っている玄米。左は田中会長

 東日本大震災から3月で2年が経ち、緑区でも防災計画の見直しが進められる中、独自で災害時の対策に取組む自治会がある。十日市場町自治会(田中賢会長)では、米専用の冷蔵庫を購入し「地元産玄米」を19日から備蓄し始めた。区担当者が「区内で単位自治会による玄米の備蓄は聞かない」と話す珍しい取組みを取材した。

 十日市場町自治会は、約2100世帯が属している。周辺は田んぼがあり、農業を営む世帯もある。今回の取組みは自治会が地元の農家から玄米を購入。420kg(7俵)で約5600人分のおにぎりに相当する。玄米の備蓄について田中会長は「玄米を備蓄することで質、味などが保たれる。被災時でも地元産の美味しいお米を自治会員の方々に食べてもらえる」としている。

 玄米の備蓄を可能にしたのには、周辺の環境も影響している。発災時には、水や電気などのライフラインの停止が予想される。震災時でも、区内で多くの停電があり、自家発電を使用したという地区もあった。玄米は、精米するには、水や精米機が必要となるが、田中会長宅には飲料用の井戸があり、自治会員の中には昔農家だった世帯も多く、精米機を用意できる。「地域特性を活かせたからこそできた取組みでは」と田中会長は話す。

防災訓練で入れ替え

 同自治会では、9月の防災訓練で備蓄している玄米を精米し、炊き出し訓練を行う予定だ。10月には、新米が出る時期となるため、「その年の玄米を備蓄し、一年に一度新しいものを保存する仕組みにしている」と田中会長は説明する。

 「いざというときは、自分たちで行動することが求められる。取組みを通じて自治会員の方々に少しでも安心してもらえれば。また、他の自治会の方にも参考となればうれしい」と田中会長は話した。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク