緑区版 掲載号:2014年4月10日号 エリアトップへ

NPO法人横浜市馬術協会の会長を務める 糟谷(かすや)愼作さん 神奈川区在住 73歳

掲載号:2014年4月10日号

  • LINE
  • hatena

すべてにまさる 心の満足

 ○…三ツ沢公園馬術練習場(神奈川区)で青少年から高齢者、障害者まであらゆる人を対象に、馬とのふれあいを通じて癒しを感じてもらおうと、1948年から活動を続けてきた横浜市馬術協会。05年には社会奉仕団体としてNPO法人となり、自身は11年より会長を務めている。この4月には長年主管してきた横浜乗馬倶楽部を同協会に統合するなど、一層社会奉仕に注力すべく組織改革を進めていく。「NPOになって約10年。内外の意識を変えるためにも、まずは組織から」

 ○…同協会の特徴的な活動の1つが、障害者を馬に乗せて引き馬をする「障害者乗馬」。「障害があっても馬に乗れる。ちょっとのサポートでできることが増え、それは周りが思っている以上に大きな満足感につながる」。ある重度の身体障害者は、ほとんど身体を動かせず、表情さえ自由にはならなかった。だが初めて馬に乗ったとき、「喜びを涙で表現してくれたんだ。それはさすがに感動的だった」。

 ○…渋谷区に生まれ、近所にあった在日米軍施設「ワシントンハイツ」の子どもたちと共に遊び育った。その時身についた英語力で、大学卒業後に入社した西武グループでは若くして旅客部門の責任者に。海外旅行がまだ自由でなかった時代。「ハイツの友人が欧米に散らばっていたのもあって、何かと助けてもらったよ」と豪快に笑う。順調に成績を伸ばし、西武トラベル(株)の社長を18年間務めあげた。「どれも『偶然』。運が良かった。だからこの歳で、何か社会に還元しなきゃと思えるのかも」

 ○…小学生の娘が馬術を始めたのをきっかけに、自身も馬に乗るように。以来、30年ほどが経つが「馬や自分の気分や体調、天気など、同じ条件というのは2度とない。だから未だに学ぶことが多い」。日々馬を知り、それを乗馬ボランティアに生かす。「与えているのではなく、人が喜ぶことに関われることが喜び。心の満足はすべてにまさるよ」

緑区版の人物風土記最新6

岸本 美代子さん

「やさしい日本語講座」で初めて講師を務める

岸本 美代子さん

寺山町在住 41歳

12月2日号

岩下 和史(かずふみ)さん

関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会男子800mで優勝した

岩下 和史(かずふみ)さん

神大附属高等学校2年 

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

石田 美寿々(みすず)さん

地元農家とコラボしたクラフトビール作りを行っている

石田 美寿々(みすず)さん

三保町在住 35歳

11月4日号

常森 裕介さん

みどり子ども食堂を28日に立ち上げる

常森 裕介さん

台村町在住 39歳

10月28日号

城守 夏恋(かれん)さん

初のオンライン開催となった学園祭「かえで祭」で実行委員長を務める

城守 夏恋(かれん)さん

東洋英和女学院大学3年

10月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook