緑区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

中山中出身選手が好走 全国都道府県駅伝で

スポーツ

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
成長著しい館澤さん
成長著しい館澤さん

 「第20回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」が18日、広島県で行われ、中山中学校出身の館澤亨次さんが埼玉県代表として出場。1区6位と好走し、同県の初優勝に貢献した。

 現在、高校2年生の館澤さんは中山中学校を卒業後、高校駅伝の強豪校である埼玉栄高等学校に進学。同校入学直後の男子5000m競技で15分04秒だった記録を、約1年半で14分07秒まで縮めるなど、強豪校での練習を吸収し力をつけてきた。

 今回は、昨年5月に行われた高校総体(インターハイ)埼玉県大会の男子5000m競技で優勝を果たした実績などから、同県の代表選手として選出された。

 スローペースで始まった今大会のレースでは、終始第2集団についてレースを進行。ラスト500mからのペースアップで他選手を引き離し、トップから10秒差でタスキを繋いだ。 

 館澤さんは「最低限の仕事はできたと思うが、先頭集団についていけなかった点に悔しさが残る。優勝は他の選手のおかげ。来年はチームを引っ張る働きをしたい。将来的には、今回一緒のチームで走り、箱根駅伝でも活躍された服部翔大さんのような強いランナーになりたい」と話している。

 館澤さんを指導する埼玉栄高等学校・駅伝部顧問の神山洋一教諭は「よく粘れる気持ちの強い子。ラストでのスピードの切り替えがうまくできるのが強み。素直なので、教えたことをすぐ吸収してくれる。来年も期待している」と話している。
 

緑区版のローカルニュース最新6

音の料理人 名曲をクッキング

音の料理人 名曲をクッキング 文化

話題の「TSUKEMEN」秦野公演

8月4日号

「コロナ禍でも活性化を」

「コロナ禍でも活性化を」 社会

竹山で花火大会

8月4日号

横浜市 全国平均上回る

学力調査

横浜市 全国平均上回る 教育

「算数・数学、理科」高く

8月4日号

多文化共生を考える

多文化共生を考える 文化

お話し会を開催

8月4日号

プロカメラマンが撮影

マイナ申請

プロカメラマンが撮影 社会

8月5日、6日市役所で

8月4日号

多様な作品を楽しもう

【Web限定記事】

多様な作品を楽しもう 文化

区老連が展示会開催

8月4日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook