緑区版 掲載号:2015年8月27日号
  • LINE
  • hatena

「木簡」に見る文字伝来 長津田で歴史講演会

文化

これまでの「木簡」研究について語る李教授
これまでの「木簡」研究について語る李教授
 長津田地区センターで8月8日、歴史講演会「文字がつなぐ古代の日本列島と朝鮮半島」が開催された。

 長津田にある宮之前遺跡から墨書土器という文字が書かれた土器が出土したこともあり、「文字の日本への伝播」を知ろうと企画された同講演会。講師には、木簡研究の第一人者として世界を飛び回る李成市氏(早稲田大学文学学術院教授)を招いた。

 当日は地域の歴史愛好家など多くの人が集まり、会場を埋め尽くした。

 李教授は日本と朝鮮半島で出土した「木簡」の研究を通じて分かってきた日本への文字の伝播について詳しく解説。これまで朝鮮半島では木簡がほとんど出土しておらず、その研究も進んでいなかったが、ここ15年で歴史的に重要な木簡が次々に発掘されたことや、それらの解析・研究によってこれまでの学説や通説が覆されていることなどについて説明すると、参加者らは熱心に耳を傾けた。

 李教授は「これまで中国の木簡と日本の木簡には影響関係がないとされてきた。しかし、中国の影響を受けた朝鮮半島の木簡が出土したことにより、ここを経由して日本へ伝来したことが明らかになった」と説明。これまで日本の国字(日本で生まれた漢字)とされてきた『畠』や『椋』といった文字が韓国の木簡に記されていることは興味深いと話した。

 李教授は「文字は律令体制を維持する上でもとても重要な存在。韓国の木簡研究は、古代日本の律令国家体制に対する考え方にも根本的な変更を迫るものだ」という見解を示し、会場は大きな拍手に包まれた。

緑区版のローカルニュース最新6件

衆議院議員みたに英弘新春の集い

2月16日(土)午後3時〜 新横浜プリンスホテル5F 会費5000円

http://mitani-h.net/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

里山ガーデンで講座

里山ガーデンで講座

2月12日から応募受付

3月27日~3月27日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク