緑区版 掲載号:2015年11月12日号 エリアトップへ

東農大北海道の投手で日本ハムから3位指名を受けた 井口 和朋さん 中山中出身 21歳

掲載号:2015年11月12日号

  • LINE
  • hatena

格上相手に怯まず前へ

 ○…「指名された瞬間は、喜びよりもホッとしたという気持ちの方が強くて」。先月行われたプロ野球ドラフト会議の只中。大学のある北海道でチームメートとその瞬間を待っていた。「呼ばれるかどうか、正直五分五分だった」と控えめに振り返る。緑区で暮らす家族に報告の電話を入れると安堵と喜びが込み上げてきた。「家族や友人がおめでとうと言ってくれて、本当にありがたいと思った」

 ○…小1の時、兄と一緒に地元の軟式野球クラブに入団し野球と出会った。ソフトボールに打ち込む母親の影響もあり、野球が一番身近に感じられた。遊撃手や捕手など複数のポジションを任され、打順では4番を争ったが、5年生の時、引っ越しで一時熊本県へ。中学入学と同時に緑区に帰ると、幼馴染たちと再び野球に夢中になった。投手に挑戦したのは中学3年に上がってから。遅咲きながらも、誰が相手でも勇ましくぶつかっていく姿勢で頭角をあらわした。

 ○…中学生時代に汗を流した「横浜都筑ボーイズ」の監督との出会いがその後、武相高校へと道を開いた。恩師の母校では甲子園にこそ行けなかったが、その悔しさが全国大会への思いを強くし北海道に飛ぶ決意に結び付いた。「人との縁に恵まれた」。野球人生を切り開いたのはいつも人との出会いだったと感じている。だからこそ、「恩返しのつもりで頑張りたい」。

 ○…リーグ戦の活躍と全国大会への出場を目標に、ひたむきに打ち込んだ大学時代。過去に2人のプロ野球選手を輩出する硬式野球部において、「気持ちの強さ」と「威力のある直球」を武器に戦ってきた。がっちりとした体格から放たれるボールは最速149キロ。「プロで通用するにはもう一度身体を作り直す必要がある。どんなに相手が凄い選手でも気持ちでは負けたくない。いつも前に向かっていく気持ちを忘れずにいたい」。持ち味の”強い心”に更に磨きをかけていく。

緑区版の人物風土記最新6

高田 有香子さん

音楽ワークショップ「オトテバコとオトあそび!」を主催する

高田 有香子さん

長津田町在住 47歳

5月26日号

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook