緑区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

横浜マイスターの庭師として市内の学校で職業講話を行っている 荒川 昭男さん 霧が丘在住 70歳

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena

「石はともだち」

 ○…職業講話では実際に校庭に出て、昔ながらの技法で石を持ち上げる方法などを指導している。子どもたちが機械を使わないやり方に悪戦苦闘しながらも、協力して挑戦する姿が大好きだと笑顔を見せる。「学校や年齢によって生徒の持つ空気は違うが、できた時に感動してくれるところは一緒。その姿と輝いた目を見ると自分の仕事が間違っていなかったとも思える」と頬を緩ませる。

 ○…庭造りをするときに心がけているのは、石に心を開くこと。「石っていうのは人類が誕生するよりもずっと前から地球にある。こちらが意のままにすることなんてできっこないんですよ」と話す。依頼主の希望と自分の理想とする庭を完成させるため、石や木などに心を開いて接することで、なんとか形を作ることができるという。「自然の心を理解するためには一生勉強」と目を細める。

 ○…生まれ育った目黒区は当時”職人の溜り場”のような街だった。子どものころから屋敷の壁に立つ職人の勇ましい姿と、あっという間に木を剪定する早業に魅了されていた。「やんちゃな自分を叱ってくれる職人は近寄りがたい存在ではあったが、その仕事は本当に格好良かった」と振り返る。そうした思いから東京農業大学で造園について学び、卒業後滋賀の庭師に弟子入り。厳しい師匠のもとで研鑽をつんだ経験を活かし35歳で横浜に「庭師荒川」を立ち上げ、数々の作品を手掛けてきた。「最近は年も取ったし、若い者に任せようと思ってはいるけど、ついつい前に出て作業したくなっちゃう」と笑う。

 ○…職業講話は今後も続けていきたいと意欲を見せる。師匠は98歳までハサミを握っていたが、自分は最前線に立ち続けるより後進に植木の魅力を教えていく方針。「今でも海外の旅行先で遺跡や庭園から新たな自然の魅力に気づく機会がたくさんある。そうした発見を伝えていきたい」と意欲を語った。

緑区版の人物風土記最新6

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学こども教育学部3年

10月10日号

真船 悦子さん

緑区コーラスの会の会長を務める

真船 悦子さん

霧が丘在住 70歳

10月3日号

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

黒板アートの指導にあたっている

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

白山高校美術科教諭 45歳

9月26日号

澤田 茂友さん

青少年みどり遊楽舎の代表を務める

澤田 茂友さん

三保町在住 70歳

9月19日号

横瀬 堅さん

緑少年補導員連絡会の会長を務める

横瀬 堅さん

霧が丘在住 68歳

9月12日号

栗原 加代美さん

DVの加害者更生プログラムに取り組む

栗原 加代美さん

東本郷在住 73歳

9月5日号

木村 升(のぼる)さん

50周年を迎える緑保護司会会長を務める

木村 升(のぼる)さん

鴨居町在住 72歳

8月29日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク