緑区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

緑警察署新署長に着任した 高橋 義男さん 白山在住 56歳

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena

「正義の味方であれ」

 ○…「まずは区内の魅力発見と、それを脅かすような脅威の有無を見極める」。50年以上神奈川に住み続けているが、この地を訪れた回数は数えるほど。「ららぽーとが緑区じゃないって知って驚きました」と苦笑い。着任して感じたのは昔から続く伝統と人のつながり。これまで県内の様々な地区で職務についてきたが、「ここまで落ち着いた町はそうそうなかった。早くこの町の一員になりたい」

 ○…署員に伝えたいのは「警官として当たり前の業務をしっかりまっとうする」こと。事件の解決はもちろんだが、少しでも困っている人がいればすぐに駆けつけていく「正義の味方の姿勢を目指してもらいたい」。警察を目指したきっかけは、高校時代に見た時代劇の岡っ引きの勇姿。「自分の仕事で一人でも幸せな人が増えれば」という主役の姿勢に惚れ込んだという。「もう劇の名前も忘れてしまったが、今でも主人公の正義を貫く様子は目に焼き付いている」と目を細める。

 ○…職務を離れれば、家族4人を支えるよき父親。円満の秘訣はコミュニケーション。「うちの子どもたちは反抗期もなかった。顔を合わせて話すことが大切ですね」。次男は現在、同じ神奈川県警で勤務している。家で仕事の話をすることはほとんどないが、「親の背中を見てくれていたのかな」と目尻を下げる。ただ、時には父親の威厳を守るのに一苦労する時も。「昔から、剣道を指南していたが、高校生になるころには”父として負けられない”と必死でした」と頬をかく。

 ○…今は単身赴任による初の一人暮らしに四苦八苦の日々。「署長業を覚えるのと同じくらい、自炊を覚えるのが大変です」と照れ笑い。非番の日は家事をこなしながら、趣味のロードバイクに乗って区内を知るのが当面の目標。「じっくり回って地域の隅々まで知らなきゃ、困ってる区民の元に駆け付けられないからね」と区民の安否を思う優しいまなざしを見せた。

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 佳奈子さん

オーケストラ「piccolo(ぴっころ)」を区内で立ち上げる

渡邉 佳奈子さん

三保町在住 34歳

3月26日号

鶴田 和久さん

首都高速道路株式会社で神奈川建設局局長を務める

鶴田 和久さん

市内在勤 58歳

3月21日号

松山 光伸さん

日本奇術協会賞を受賞した

松山 光伸さん

長津田町在住 72歳

3月12日号

松井 祐貴さん

ソロギタリストとして活躍する

松井 祐貴さん

緑区在住 33歳

3月5日号

伊藤 かね子さん

おもちゃコンサルタントとして活躍する

伊藤 かね子さん

長津田在住 78歳

2月27日号

直井 美智子さん

横浜市体育協会横浜スポーツ表彰スポーツ功労賞を受賞した

直井 美智子さん

東本郷在住 68歳

2月20日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク