緑区版 掲載号:2017年8月3日号
  • LINE
  • hatena

関東大会に出場する横浜緑ボーイズの創設者にして監督も務める 斉藤 秀光さん 青葉区在住 42歳

「野球で輝け」我が子たち

 ○…緑区の中学硬式野球チーム「横浜緑ボーイズ」の創設者にして監督を務める。創部後2年目から上部大会に出場する強豪チームに育てあげ、5年目を迎えた。この夏、県内代表として関東大会に出場する。元プロ野球選手としての経験を活かし、「やってみせて、見て感じてもらう」指導で子どもたちの野球キャリアを支える。「楽しみな子ばかり。みんなが活躍できるよう、支えていければ」

 ○…横浜市南区生まれで、野球を始めたのは幼稚園のころ。テレビで見る甲子園の選手やプロ野球選手たちに憧れ、朝から晩までバットを振り続ける少年時代だった。「野球ばかりで勉強は全くしなかった。今思えばひどい子どもでした」と笑う。プロ野球選手になったのは高校卒業後の19歳の時。守備が得意な内野手としてオリックスや阪神、楽天などのチームで活躍を続け、最後は横浜でそのプロ生活に幕を下ろした。「とにかく必死だった。最初は5年間できるようにと続け、10年、15年と月日が経っていた」と月日を振り返る。

 ○…「家族が趣味」と言い切る。選手時代に強く記憶に残っているのは、息子が見ている中でホームランを打ったこと。それと娘がフィールドでチアダンスを踊ったことは今でも忘れないという。来年、息子が就職して九州へと引っ越す前に、家族揃って旅行に行く計画を楽しみにしている。現在は引退後の指導生活でなかなか家族と顔を合わせる機会がないが、「今ではチームのみんなが我が子のようだと思っています」と誇らしげに話す。

 ○…この夏から企業の女性チームのコーチに招聘されるなど忙しい毎日を送るが、まずは緑ボーイズの関東大会と意気込みを見せる。「いつでも優勝を狙っています」。監督として、野球だけでなく勉強やマナーなどもしっかり教えることを心掛け、子どもたちに「居場所」を提供したいと語る。「自分が輝ける場所。皆にはそう思ってほしい」

緑区版の人物風土記最新6件

町田 史郎さん

竹山池周辺活性化推進委員会の委員長を務める

町田 史郎さん

12月13日号

池田 絢子(あやこ)さん

育児サークル「マザプラス」代表を務める

池田 絢子(あやこ)さん

12月6日号

加藤 昌子さん

歌俳集「わたしの歩いた道」を出版した

加藤 昌子さん

11月22日号

小松 四郎さん

神奈川県美化運動推進功労者として県知事表彰を受ける

小松 四郎さん

11月15日号

青木 浩さん

MAP BAND FES の実行委員長を務める

青木 浩さん

11月8日号

岸 弘明さん

公募の絵画展「創展」で文部科学大臣賞を受賞した

岸 弘明さん

11月1日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク