緑区版 掲載号:2017年11月16日号 エリアトップへ

プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受けた 渡辺 佑樹さん 北八朔町在住 22歳

掲載号:2017年11月16日号

  • LINE
  • hatena

「気持ちで向かっていく投手に」

 ○…プロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから4位で指名され、憧れだったプロの世界へと飛び込む。指名後、汗を流した横浜商科大学みどりキャンパスの野球場で仲間から胴上げで祝福をされた。一方、家族からは「プロに入ってからが本当の勝負」と期待が込められた厳しい激励も受けた。「予想よりも良い順位で指名を頂いた。お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに頑張りたい」と真っ直ぐに語った。

 ○…山梨県出身。父親が野球をしていた影響で、幼い頃から自然と野球に親しんだ。一方、意外にも、学生時代に優勝の経験はなく、結果が出せない悔しい日々を過ごしたという。「だからこそ、楽天で初めての優勝を味わいたい」と結果への強いこだわりを見せる。高校時代の野球部監督の勧めもあり、横浜商科大学へ。「最初は、横浜と聞いておしゃれな港町をイメージしていた。でも、自然が豊かで田んぼのある風景は、山梨に似ていて、心が落ち着きました」と笑う。

 ○…野球を離れれば、等身大の大学生だ。鶴見区のキャンパスで、午前は授業を受け、午後や土日は練習と、忙しい日々を送る。週1日の休みは、録り溜めたトークバラエティや漫画を楽しみながら、気分転換をしているという。指名を受けてからは、大好きな野球観戦も少し見方が変わった。「最近、日本シリーズを見て、テレビの中の世界が憧れではなく、現実味を帯びてきたと感じた」

 ○…プロを意識し始めたのは大学入学後。毎日100球の投球練習など、地道なトレーニングを重ねた。また、1年生の時から試合を数多く経験。大きな成長を遂げた。3年の春、3つの完投勝利を挙げ、ベストナインに選ばれたことも、大きな自信へ繋がった。球速以上に速さを感じる直球やチェンジアップなどの変化球を武器に「気持ちでバッターに向かっていく投手でありたい」と強く頷いた。

緑区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter