緑区版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • hatena

今月、鴨居に開院した牧野リハビリテーション病院の院長に就任した 大平 孝之さん 港北区在住 56歳

「愛し、愛される病院に」

 ○…今月開院したばかりのリハビリ・療養専門病院の「舵取り役」として、構想段階から準備を進めてきた。病院の理念に掲げるのは「あたたかな医療で愛し愛される病院」。「急性期病院よりも長い時間を過ごす場所として、居心地よく安心できる空間を作れたら」と、内装の細部にもこだわった。「ゼロから病院を立ち上げるのは初めて。出来ることはしっかりやりたい」と準備にも全力を注いできた。

 ○…札幌市生まれ。9歳の時にがんで父親を亡くした経験から、「将来は医者に」と心に決めていた。慶應大に進学後、選んだのは整形外科の分野。「歩く事など、身体の機能全般をみるこの科は、“生きること”に密接に関わる。その分やりがいもあると思った」と振り返る。持ち前の明るく気さくな性格で、患者とも積極的にコミュニケーションをとる。「つい患者さんと話し込んでしまって」と頬をかく。

 ○…白衣を脱げば、2人の姉弟を育てる父親。自身の父を早くに亡くしたこともあり、理想の父親像は描けなかった。しかし、父との唯一の記憶であるキャッチボールだけは、息子ともやろうと決めていた。以来、投げ交わした白球は数知れず。中学生になった息子は「テニス部」に入部し、白球は“黄色い球”に色を変えたが、相変わらず親子のラリーは続いているという。「未来は自分で掴み取って欲しい」と父親の顔になる。

 ○…「よい病院を作るのはそこで働く人」と、人材育成にも力を注ぐ。会議にも積極的に参加し、よい病院を作るため、職員ひとり一人と熱心に意見を交わしてきた。「来院される方からも、そこで働く職員たちからも愛される病院を作りたい」。理想とする病院の姿を追い求め、新たな挑戦へと歩みを進める。

緑区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

新名(しんみょう) 三郎さん

地域デビューを応援する講座「人生楽笑・次代塾」を企画運営する

新名(しんみょう) 三郎さん

3月14日号

佐野 純一さん

歴史講座を開催する運営委員会の代表を務める

佐野 純一さん

3月7日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

平田 浩一さん

氷彫刻世界大会(団体戦)で最優秀賞に輝いた

平田 浩一さん

2月21日号

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク