緑区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

第52回手工芸作品展(工芸の部)で内閣総理大臣賞を受賞した 葉 京香さん 白山在住 60歳

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena

自由に表現する喜び

 ○…偶然、3年前に銀座の店で初めて見かけたクレイアート作品に釘付けになった。道端に咲く野草を樹脂粘土で本物そっくりに表現する技法に「こんなにも感動するなんて」と自分でも驚いた。すぐさま、作者が主宰する創花教室の門を叩いた。野草の名前すら知らなかったが、必死に技術を磨き、昨年、春の野草をテーマに創作した作品で内閣総理大臣賞を受賞。快挙はそれだけにとどまらず、今年も2年連続での最高賞受賞を果たした。

 ○…中国・北京生まれ。社会的騒乱の最中に多感な時期を過ごした。学校を卒業後は、工場で働く日々。「職業を自由に選択することもままならなかった時代」と当時を振り返る。大学へ入学する頃には革命も終結し、演劇に没頭する学生時代を過ごした。「自由に表現できることの喜びを知った」。卒業後も劇団に所属し、舞台に立ち続けた。

 ○…劇団で出会った男性と結婚。日本で政治学を学びたいという夫と一緒に来日したのが約30年前のことだ。夫を支え、生計を立てるため、中国語教室の講師になった。会話を学ぶ際に演劇の手法を取り入れたところ、にわかに注目が集まり、いつしか、NHKの語学講座にもレギュラーで出演するように。「演劇で中国語を分かり易く伝える工夫をした。演劇がこんな形で役立つとは」と驚き顔だ。今では、複数の大学で教壇に立つ。「学生に語学を通じ、多くの表現を知って欲しい」とほほ笑む。

 ○…白山に住み続けて20年以上。働きながら2人の子どもを育てあげた。子どもとよく行った四季の森公園がお気に入りの場所だ。「最近、忙しくてあまり行けていないが、作品のネタ探しに、久しぶりに足を運ぼうかしら」。頭の中は、次なる作品の創作意欲でいっぱいだ。

緑区版の人物風土記最新6

直井 美智子さん

横浜市体育協会横浜スポーツ表彰スポーツ功労賞を受賞した

直井 美智子さん

東本郷在住 68歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

小島 真由美さん

地域交流イベント「Open!みどりーむ」で登壇する

小島 真由美さん

北八朔町在住 46歳

1月30日号

片山 友理香さん

東洋英和コーヒープロジェクトの代表を務める

片山 友理香さん

川崎市在住 21歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月16日号

瀧川 鯉丸さん

みどりアートパーク寄席に出演する

瀧川 鯉丸さん

中山在住  32歳

1月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本の魅力を語り合おう

本の魅力を語り合おう

全2回「共読」講座

3月7日~3月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク