緑区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

霧が丘地域ケアプラザの所長に就任した 林 ゆかりさん 青葉区在住 54歳

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

元気になれる居場所へ

 ○…霧が丘地域ケアプラザの地域包括支援センターで介護予防に取り組んできた。「地域活動などに積極的に参加している人ほど元気なんですよ」。目指すのは、人と人がつながれる場作りだ。「地域ケアプラザに毎日来てもらい、多くの人に楽しんでもらいたい」と意気込みを見せた。

 ○…名古屋市出身。父親の転勤の都合で、静岡県や石川県などで育った。転校しても、すぐに友人を作る明るい性格だった。両親も地域活動に積極的で、自宅には、いつも誰かが遊びに来ていたという。「山菜を採ってきて、地域の人に振舞ったり」と懐かしそうに思い出を話し、「地域活動に参加する両親は今もとても元気です」と笑った。

 ○…高校卒業後、都内の看護学校に進学。憧れだった看護師の職に就いた。だが、病気になる前の段階での予防が大切だと感じ、保健師に。企業内での健康増進をサポートしてきた。結婚を機に退職。子育てが落ち着いたタイミングで、青葉区の地域包括支援センターへ。個別に高齢者の家を周り、介護予防を行ってきた。「話を聞くと、喜んでもらえる。コミュニケーションをとることで、人は元気になれる」。その後、5年前に霧が丘地域ケアプラザへ。地域を元気にする自主的な活動グループ「元気づくりステーション」の立ち上げにも深く関わってきた。現在は、3つ目のグループ立ち上げを企画中だ。「地域の声を聞いて、協力してやっていけたら」

 ○…両親の住む石川県に帰省すると、大晦日は恒例のそば打ちをするという。そこには、地域の人も多く参加する。集まれる場があることで、地域の憩いの場にもなっているそうだ。「今日、用事がある。今日、行く場所があることが元気の秘訣。気軽に来られる地域ケアプラザにしたい」

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

松原 一宣さん

イムス横浜国際看護専門学校の学校長に就任した

松原 一宣さん

東京都在住 63歳

5月23日号

塚田 順一さん

緑区制50周年記念事業実行委員会の委員長を務める

塚田 順一さん

霧が丘在住 70歳

5月1日号

田中 志乃さん

中山地域ケアプラザの所長に着任した

田中 志乃さん

神奈川区在住 56歳

4月25日号

初澤 毅さん

東京工業大学で行われる「すずかけサイエンスデイ」の実行委員長を務める

初澤 毅さん

厚木市在住 60歳

4月18日号

小野 明男さん

横浜市緑区民文化センター「みどりアートパーク」の館長に就任した

小野 明男さん

川崎市在住 62歳

4月11日号

磯野 正彦さん

緑警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

森の台在住 57歳

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相続空き家特例を学ぶ

相続空き家特例を学ぶ

造幣局のあゆみ講座も

6月3日~6月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク