緑区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

緑交通安全協会の会長に就任した 鈴木 正雄さん 白山在住 64歳

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

地道にコツコツと前へ

 ○…「一瞬で加害者にも、被害者にもなってしまう可能性がある。それが交通事故の恐ろしさ」と、自身もハンドルを握る際は細心の注意を怠らない。知り合いに誘われたことをきっかけに緑交通安全協会へ入会。その後、約30年間の長きにわたり、交通安全運動のキャンペーンなどを実施してきた。区内の事故を1件でも少なくすることを切に願いながら、地道な活動を続ける日々。「思いやりの気持ちを持って、交通ルールを守ってもらえるように呼びかけていきたい」と意気込む。

 ○…実家は、白山で代々続く農家。山に囲まれた田園地帯が子どもの頃の遊び場だ。「水の張っていない時期は、田んぼで野球をしたりしてね。周りに何もなかったから家から横浜線が見えたよ」と懐かしんだ。体を鍛えるだけでなく、礼儀を重んじる姿勢を学んだのは、剣道だ。高校生までは、剣道に明け暮れる日々を過ごした。「剣道で出会った仲間とは今も仲が良いよ」とにこり。

 ○…大学卒業後は、小売業の道へ。後々、家を継ぐことも視野に入れていた。「できる限り親の近くにいたい」と転勤のない会社を選択する優しい一面も。約15年間務めた後、親の土地や建物などを管理するために宅地建物取引業者の免許を取得。不動産管理会社を開業した。モットーは、「真面目にコツコツ、嘘をつかない」。仕事に対する誠実な姿勢で周囲からの信頼も厚い。

 ○…毎晩、30分程度ウォーキングすることが日課になっている。自宅近くは山坂が多く、良い運動になるのだという。「健康のために」と始めて早15年。「コツコツ取り組むことが好きなんですかね」。好きな言葉を聞けば、”継続は力なり”だという。新会長として、地道な活動を前へと強く推し進めていく。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

田澤 慶曉さん

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

田澤 慶曉さん

霧が丘在住 78歳

6月3日号

有賀 勇次さん

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

有賀 勇次さん

西八朔町在住 77歳

5月27日号

近(こん) 恵子さん

小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

近(こん) 恵子さん

東本郷在住 70歳

5月20日号

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter