緑区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

21世紀枠県候補校に選出された白山高校野球部の監督を務める 尾形 裕昭さん 緑区在住 30歳

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

周りを照らすチームに

 ○…2000年から06年までの7年間は部員不足で公式戦の参加すら叶わず。前任の村田浩明監督が大きな土台を築き、18年に創部初のベスト8に躍進。その後の20年4月、新監督に就任しバトンを託された。「子どもたちを輝かせる責任の重さを感じる」と緊張した様子だ。そんななかでの県候補校選出。「本当に名誉あること。部員が今までお世話になってきた人たちのおかげ」と感謝の言葉を述べた。迎えた新しい年。「ベスト8以上の結果を出していく」と意気込みを見せた。

 ○…福島県出身。父の影響で始めた野球。出会った仲間たち。「活躍することで認められることが嬉しかった」と振り返った。福島の強豪、聖光学院の門を叩き、目指した甲子園。「死ぬほど練習した」というほど野球漬けだった。3年の夏にベンチ入りを勝ち取り、代打で夢舞台へ。だが、準々決勝で横浜高校に大敗、厳しい世界を味わった。「野球で大学に行くのではなく、しっかりと勉強しよう」と区切りをつけた夏になった。

 ○…浪人を経て福島大学へ。「スポーツの面白さを伝える側に立ちたいと、体育教諭の道へ。野球の強豪がひしめく、神奈川県で就職。足柄高校を経て白山へ。横浜高校出身の村田前監督と1年間共に指導に当たった。「生徒への愛情の深さなど、学び多き1年だった」と振り返った。

 ○…必勝祈願は、川崎市にある栗木御嶽神社だという。大切な試合の朝には欠かさずに行き、気持ちを整えるのがルーティンだ。昨年の秋季大会では、再びベスト8に。地域からの応援メッセージも届くようになった。「温かい言葉が選手の励みになっている」と笑顔を見せ、「明るいニュースで、地域にパワーを与えるチームになれたら」とはにかんだ。

緑区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter