港北区版 掲載号:2013年4月4日号
  • googleplus
  • LINE

日吉就労センター開設 障害者を継続サポート 雇用者との調整も対応

相談室と運営法人「やまびこの里」スタッフ
相談室と運営法人「やまびこの里」スタッフ
(注)障害者就労支援センターは、市の「中期4カ年計画(2010年〜2013年)」に掲げた目標通り、今回の9カ所目の設置で完了となる。港北区内では、鳥山町に市精神障害者就労支援センター「ぱーとなー」が2005年に開所している。

 横浜市は、就労を希望する障害者と障害者雇用を検討する企業に対し、障害者就労支援センター(注)を設置して支援している。その9カ所目となる横浜日吉就労支援センター(藤村昌之センター長)が4月1日、箕輪町に開所した。センターでは障害の種別を問わず就職の支援を行うほか、すでに決まった人や働いている人に対しても継続したサポートを行う。

 「日吉は東横線と市営地下鉄が通り、アクセスが便利。また横浜市北部の就労支援が手薄になっていたために選ばれた」。市健康福祉局はセンターを日吉地区に選んだ理由をこう話す。

利用の流れは

 横浜日吉就労支援センター(藤村昌之センター長)は自閉症や発達障害のある人への支援に詳しい社会福祉法人「横浜やまびこの里」が運営を行う。 

 相談受付時間は平日午前9時から5時半(予約制)。社会福祉士や臨床心理士らが相談員となり、企業経験者を含む5人が対応する。

 センターでは利用者を、福祉施設(就労移行支援事業所や地域作業所など)からと、個人からを想定している。

 利用希望者はまず、相談日時を電話で予約。実際にセンターが相談を行い、現時点で登録ができるかどうかを、互いに話し合った上で決める。「就労支援をするセンターですので、訓練に時間が必要な場合は、登録については少々先になります」と藤村昌之センター長は説明する。

 登録後は、就職活動の準備として、適正や希望などを本人・関係者などと共に把握・確認する。

 障害者を雇用したい企業や受け入れ企業とも調整を図り、関係機関と連帯を行う予定だ。藤村センター長は「障害があり就職を希望する人は相談を」と話す。

 問合せは横浜日吉就労支援センター【電話】045・560・1801

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版のトップニュース最新6件

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月29日号

綱島にシニアの相談窓口

横浜市

綱島にシニアの相談窓口

3月29日号

地域と歩んだ軌跡

トレッサ横浜

地域と歩んだ軌跡

3月22日号

食と健康などテーマに

アピタテラス横浜綱島

食と健康などテーマに

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク