港北区版 掲載号:2013年4月4日号
  • googleplus
  • LINE

第30回記念となる水彩画展を開催する「横浜轟会」会長 石森 朋光さん 菊名在住 72歳

縁の下で会の発展支える

 ○…「水彩画を描いたことがない方でも大歓迎」。4月16日から22日の期間、神奈川区にあるかなっくホールで30回の節目となる水彩画展を開催する。今回の会場は、照明などの会場セッティングも会員らで行う。「1点1点ゆったりと見て頂けるようにと考えています」。展には会員18人が描いた風景・静物・人物画約35点を出展。「個性と意欲が溢れる作品ばかりなので少しでも楽しんで頂けたら」

 ○…「与謝蕪村の絵は温かみがあって一番好きです」。水墨画が趣味だった父親の影響から幼少期から絵が好きで、自宅の本棚には絵画の本が所せましと並べられている。と言っても62歳で定年退職するまで本格的に描いたことはなかった。30年以上利用している自宅近くの港北図書館で水彩画教室『横浜轟会』への会員募集の張り紙を目にしたことが入会のきっかけとなった。それから約8年、水彩画の世界にのめり込み、今では全会員中2番目の古株となった。

 ○…淀橋区(現新宿区)で生まれ、2歳の時に父親の実家がある群馬県への疎開を経験。小学3年生の時に横浜市に移り住み、菊名の移り変わりを55年以上見守ってきた。「菊名の駅舎は木造。周辺は田んぼが広がりのどかでしたよ」と当時を懐かしむ。大学では文学部に在学し卒業後は記者志望だったこともあり、地域で約17年間続いた菊名新聞の記者を務めた経験も。「物を書くことが好きなんです」と話す通り、会で月1回行っているスケッチ散策のパンフレット作成は5年以上自ら手がけている。

 ○…水彩画は奥が深い。だからこそ、そこが魅力でもあるようだ。現在32年目を迎えている会は月3回、菊名地区センターに講師を招いて活動している。「意欲的な会員が多い」と話しながら、一人ひとりが気持ち良く活動を続けることでより活発な会になることを願う。「そのための力は惜しみません」

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

石田 仁(ひとし)さん

30日に開設する「港北区生きがい就労支援スポット」の統括責任者

石田 仁(ひとし)さん

3月29日号

栗原 郁男さん

10周年を迎えたトレッサ横浜のプレジデントを務める

栗原 郁男さん

3月22日号

中町 哲さん

振り込め詐欺を複数防止したとして県警より感謝状を贈られた JR小机駅長を務める

中町 哲さん

3月15日号

川島 武俊さん

港北区制80周年記念事業企画委員会の会長を務める

川島 武俊さん

3月1日号

畑中 祐美子さん

子育てアプリの開発を企画した

畑中 祐美子さん

2月22日号

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク