港北区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

第11代横浜観光親善大使に選ばれた 村岡 春佳さん 日吉在住 29歳

溢れる横浜愛で魅力発信

 ○…横浜観光コンベンション・ビューローの今年度横浜観光親善大使に選ばれた。大使は、横浜市民代表として、イベント参加やメディアなどを通し、市のPRをする役目を担う。筆記試験・面接を経て、応募総数70人の中から、3度目の挑戦で3人のうちの一人に。「横浜は多様なイベントやきれいな景色も多く、人の心を潤してくれる街。そんな魅力を伝えたいです」

 ○…初めて選考を受けたのは2年前。気軽に受けたつもりだったが、「落選が悔しかった。それに勉強しているうちに横浜の良さを再認識したんです」と振り返る。準備をして臨んだ2回目も同じ結果。常に柔らかい笑顔の印象と異なり、「次はもっと準備を」と勉強を積む努力家だ。横浜の「ご当地検定」なども受け、今回努力が実った。活動は、市内外でPR活動を行い、日本の開港5都市の函館、新潟、神戸、長崎各所で行われるイベントへも参加し、横浜をPRする。

 ○…生まれも育ちも横浜。以前は当たり前の地元について考えることもなかったという。だが就職後、勤務地となったのは東京。バス会社で利用客への対応などを行い、全国の人と会うことで横浜が改めて大好きに。仕事の傍ら、三渓園のガイドボランティアなどを経験し、それが大使への応募にもつながった。「人が笑顔になるのが好きなんです。与えられるだけでなく、与える側の立場も楽しいなって」。趣味はカメラにスポーツジムでの筋トレと、常に活発。それでも子どもの頃は”おっとり”で世話を焼かれるタイプだったという。「社会にでて変わったんですね」と笑う。

 ○…横浜の推奨スポットは海芝浦駅(鶴見区)の一角にある公園の夜景。工場のために作られた駅だが、海に浮かぶ駅から夕日が沈むきれいな光景が見られる。「港北区も丘が多く景色がきれいで、大好き。これからも横浜を愛し、埋もれている魅力を発信していきたい」

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

石田 仁(ひとし)さん

30日に開設する「港北区生きがい就労支援スポット」の統括責任者

石田 仁(ひとし)さん

3月29日号

栗原 郁男さん

10周年を迎えたトレッサ横浜のプレジデントを務める

栗原 郁男さん

3月22日号

中町 哲さん

振り込め詐欺を複数防止したとして県警より感謝状を贈られた JR小机駅長を務める

中町 哲さん

3月15日号

川島 武俊さん

港北区制80周年記念事業企画委員会の会長を務める

川島 武俊さん

3月1日号

畑中 祐美子さん

子育てアプリの開発を企画した

畑中 祐美子さん

2月22日号

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク