港北区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

ズーラシアにも提供したトピアリーの制作者である 伊藤 常子さん 岸根町在住 77歳

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

夫に支えられ吹き込む命

 ○…樹木を動物やキャラクターなど様々な形に刈り込んで仕上げるトピアリー。ズーラシアに並ぶペンギンやゾウなども手掛けている。多くの人がかわいらしい動物の作品の前で写真を撮っていく同園の人気スポットの一つ。「子どもたちや家族連れなど、みんなが見て喜んでくださっているようで、嬉しいです」と笑顔で話す。

 ○…もともとは農家だったが、40年ほど前に、夫と2人で造園業を立ち上げた。夫が多忙で家を空けることが多く、畑の手入れがままならなくなっていた。「伸びきっている樹木をみて、『よし、何かやってやろう!』って気持ちがあふれてきました」。父がやっているのをみて、トピアリーを知っていたことから、夢中で作品を作りあげた。その活動が徐々に評価され、テレビに取り上げられることも。「夫には本当に自由にさせてもらって。展示などに出すときは、トピアリーの移植も手伝ってくれました。たくさん支えてもらいましたね」と4年前に亡くなった夫に感謝の意を見せる。

 ○…和紙で作った人形作りも趣味の一つ。大河ドラマになぞられた名場面をかわいらしい人形で表現。自宅敷地内の別棟に飾ってあり、こちらも評判になっている。宝物は夫に撮ってもらった人形の写真のアルバムだという。「あんまり何も言わない人でした。だけど、初めてテレビに出た時、『トピアリーで出してもらって、人形でも出してもらったらすごいな』ってチラッといったんです」と照れ臭そうに目を細める。その一言が今でも創作意欲に火をつけ続ける。

 ○…造園業は今では、2人の息子と2人の孫が引き継いでいる。毎朝、庭を箒で掃くのが自分の仕事だという。「人にやれやれと言われるのが嫌いなんです。自分の役目だと思えば、楽しくできる。元気の秘訣です」と話す。「ずっと好きにさせてもらいました。周りの人たちに本当に感謝しています」

港北区版の人物風土記最新6

濱乃 志隆さん(本名:濱崎隆さん)

「音楽と落語の宅配便」企画が20周年を迎えた

濱乃 志隆さん(本名:濱崎隆さん)

樽町在住 61歳

1月27日号

板垣 博英(はくえい)さん

綱島消防出張所の緑化でガーデンデザインを行った

板垣 博英(はくえい)さん

綱島西在住 54歳

1月20日号

甘粕 宏和さん

ワルシャワ吹奏楽指揮者コンクールで優勝した

甘粕 宏和さん

新横浜在住 46歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

12月23日号

田邊 陵光(たかみつ)さん

「港北公会堂の緞帳」についての講演を行った、日吉の森文化財団の学芸員

田邊 陵光(たかみつ)さん

下田町在住 52歳

12月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook