港北区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

ズーラシアにも提供したトピアリーの制作者である 伊藤 常子さん 岸根町在住 77歳

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

夫に支えられ吹き込む命

 ○…樹木を動物やキャラクターなど様々な形に刈り込んで仕上げるトピアリー。ズーラシアに並ぶペンギンやゾウなども手掛けている。多くの人がかわいらしい動物の作品の前で写真を撮っていく同園の人気スポットの一つ。「子どもたちや家族連れなど、みんなが見て喜んでくださっているようで、嬉しいです」と笑顔で話す。

 ○…もともとは農家だったが、40年ほど前に、夫と2人で造園業を立ち上げた。夫が多忙で家を空けることが多く、畑の手入れがままならなくなっていた。「伸びきっている樹木をみて、『よし、何かやってやろう!』って気持ちがあふれてきました」。父がやっているのをみて、トピアリーを知っていたことから、夢中で作品を作りあげた。その活動が徐々に評価され、テレビに取り上げられることも。「夫には本当に自由にさせてもらって。展示などに出すときは、トピアリーの移植も手伝ってくれました。たくさん支えてもらいましたね」と4年前に亡くなった夫に感謝の意を見せる。

 ○…和紙で作った人形作りも趣味の一つ。大河ドラマになぞられた名場面をかわいらしい人形で表現。自宅敷地内の別棟に飾ってあり、こちらも評判になっている。宝物は夫に撮ってもらった人形の写真のアルバムだという。「あんまり何も言わない人でした。だけど、初めてテレビに出た時、『トピアリーで出してもらって、人形でも出してもらったらすごいな』ってチラッといったんです」と照れ臭そうに目を細める。その一言が今でも創作意欲に火をつけ続ける。

 ○…造園業は今では、2人の息子と2人の孫が引き継いでいる。毎朝、庭を箒で掃くのが自分の仕事だという。「人にやれやれと言われるのが嫌いなんです。自分の役目だと思えば、楽しくできる。元気の秘訣です」と話す。「ずっと好きにさせてもらいました。周りの人たちに本当に感謝しています」

港北区版の人物風土記最新6

大竹 英二さん

菊名でハーモニカ教室を開き、朝ドラ『エール』では楽器指導を担当した

大竹 英二さん

港北区在勤 51歳

9月17日号

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

韓国伝統舞踊家として、区内や各都市で舞台に出演する

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

港北区在住 56歳

9月10日号

松井 寿徳さん

小机の歴史を基にしたボイスドラマを制作した地域演劇集団スターリンクスを主宰する

松井 寿徳さん

港北区菊名在住 48歳

9月3日号

磯貝 嘉広さん

鶴見川の自然を撮影した映像が、NHK『さわやか自然百景』で放映される

磯貝 嘉広さん

港北区在住 49歳

8月27日号

平井 誠二さん

大倉精神文化研究所の理事長に就任し、同研究所長と附属図書館長を兼任する

平井 誠二さん

緑区中山在住 63歳

8月20日号

阪田 知樹さん

オンライン芸術祭「横浜WEBステージ」に出演するピアニスト

阪田 知樹さん

港北区在住 26歳

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク