港北区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

大綱中出身小野川稔君 ユース五輪で悲願の金 東京での日本代表狙う

スポーツ

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena
レース序盤先頭集団に食らいつく小野川君=左から2番目=
レース序盤先頭集団に食らいつく小野川君=左から2番目=

 「やりましたよ。嬉しいです」

 中国・南京で8月14日から28日まで行われた「第2回ユースオリンピック競技大会」。24日の夜にスタートした男子10000m・競歩で、大綱中出身の小野川稔君が悲願の金メダルを獲得した。

 当日は、「欲張らないで普段通りのレース運びをしよう」と、リラックスした気持ちでスタートラインに立った。レースは序盤からハイペース。4人の先頭集団を引っ張るメキシコの選手に食らいついていった。5000mで自らペースを上げ先頭に立った小野川君だったが、他選手との距離が広がらずに苦戦。在籍する東京実業高等学校陸上部顧問から「前にでなくていい」という指示があったことから6000mから8000mまでは、他選手を先頭に立たせ、自身は後を追走する戦略に変更した。このタイミングで先頭は3人に絞られたが、終盤まで機会を伺う我慢の展開が続いた。ラスト600mの時点で2人の争いとなりラストスパート。接戦をものにし、ゴールラインをトップで駆け抜けた。

 ゴール直後”よっしゃ―”と叫び、喜びを爆発させた。「厳しい展開が続き、何度も離されそうになりましたが、応援に駆けつけてくれた家族や日本選手団のみんなの声が耳に入ってきた。歓声を味方にできた」と振り返り「もっと上を目指す」と先を見据えた。

 大倉山在住で、同校2年生。2020年の東京五輪出場を狙っており、現在は課題である筋力面・体力面を強化中だ。

悲願の金メダルを首にかけ笑顔を見せた
悲願の金メダルを首にかけ笑顔を見せた

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook