港北区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

衆院選7区 5人名乗り、乱戦模様に 12月14日投開票

政治

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 衆議院が解散され、12月2日公示、14日に衆議院総選挙の投開票が行われる。神奈川7区(港北区・都筑区)からは、鈴木馨祐(自民党)、松田学(次世代の党)、中谷一馬(民主党)、豊田有希(維新の党)、大山奈々子(共産党)5氏の出馬が予定されており、乱戦模様になってきている。【11月24日時点】

 前職・鈴木馨祐氏(37)は、大蔵省(現・財務省)退省後2005年に比例南関東から初当選した。7区の地盤を鈴木恒夫氏から引き継つぐ形で09年の選挙に挑んだが、「反自民」の逆風に煽られ落選。12年の前回衆院選で返り咲いている。財務金融部会長代理、財政・金融・証券関係団体委員長など歴任。「構造改革を行い、『小さい政府』への改革が求められる。既得権益を守る旧い政治体質を断ち切りたい」としている。

 同じく前職の松田学氏(57)は、81年大蔵省に入省。その後、内閣官房、経済企画庁などを経た後、12年に日本維新の会から出馬し、初当選。14年に次世代の党に合流し、現在は同党政調会長代理、党神奈川県連会長などを務める。「今回の解散は国民無視、政局優先の解散。アベノミクスは現状失敗となっており、今こそ第3極が必要。反対のための野党でなく、是是非非で政治・政権と向き合っていきたい」とする。

 新人・中谷一馬氏(31)は、元首相の秘書を経て、11年の統一地方選挙・神奈川県議選(港北区)に挑み、当選。世界経済フォーラム(ダボス会議)のU―33の日本代表として参加している。「現政権は、民主党政権時代より経済を悪化させた。経済政策の立て直しを行いたい。成長産業の支援と育成、高付加価値の創出、行政改革、社会保障、平等に教育を受けられる環境整備をしていきたい」と話している。

 新人の豊田有希氏(39)は、10年に電通を退社し、前回の統一地方選挙・横浜市議選(港北区)にみんなの党から出馬、当選を果たした。その後、13年に市会会派「横浜の未来を結ぶ会」の政調会長に就任し、今月に入り、維新の党での活動をスタートさせている。「国民そっちのけ、地方軽視の政治がここに極まっていると感じている。課題の解決がしっかりとできる政治を取り戻していきたい」と訴えている。 

 唯一の女性候補の新人・大山奈々子氏(51)は京都府立久御山高校教員、東京の日本語学校教師を経て、前回の統一地方選・神奈川県議選(港北区)に挑戦している。現在は日本共産党県委員、党横浜北東地区委員、新日本婦人の会港北支部委員を務める。「原発ゼロ、消費税10%中止、誰もが大切にされる雇用ルール作りをしていきたい。福祉増進も大切と位置づけている。平和な日本をしっかりと守っていきたい」と強調する。

港北区版のトップニュース最新6

電話リレー、7月開始へ

電話リレー、7月開始へ 社会

区内NPOも啓発尽力

6月24日号

34年ぶりの日本一

慶大野球部

34年ぶりの日本一 スポーツ

記念大会で4度目の戴冠

6月24日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 経済

ひとり親を支援へ

6月24日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月17日号

マップで混雑状況を配信

日吉商店街

マップで混雑状況を配信 社会

密回避で活性化を

6月17日号

ワクチン接種の送迎支援

菊名コミバス

ワクチン接種の送迎支援 コミュニティ社会

おでかけ便、臨時運行

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter