港北区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

(PR)

育児サポート No.31 のどの病気「溶連菌(ようれんきん)感染症」とは たかたこどもクリニック

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

 喉が痛くて熱がでた。咳や鼻水もない。喉を見てみると真っ赤になっていた。

そんなときに考える病気として「溶連菌感染症」があります。

 お腹の皮膚などに細かな赤い発疹がでることもあります。唾などの飛沫感染でうつる病気で、抗生剤が良く効きます。しかし、クスリを飲み始めてから24時間は登園や登校ができません。

 怖いのはその後にリウマチ熱や血尿がでる急性糸球体腎炎という合併症ですがが、数はわずかです。

 通常、問題のない人でも保菌者といって菌を持っている人もいます。しかし、菌が喉にいるからと言って病気になるとは限りません。

病院に行って検査をしてもらうと病気に罹っているかどうかが約10分程度で分かります。
 

たかたこどもクリニック

神奈川県横浜市港北区高田東4‐23‐4高田駅前医療ビル3階

TEL:045-533-1123

http://www.kodomogenki.jp/takata/

港北区版のピックアップ(PR)最新6

スマホで家が自由自在

YOUテレビ

スマホで家が自由自在

見守り需要で注目「インテリジェントホーム」

4月9日号

無料の相続相談会

無料の相続相談会

新横浜の各事務所で個別に対応(要予約)

4月9日号

こどもタウンニュースよこはま版

弁護士らによる無料相談会

4月11日(土)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 川崎市中原市民館

4月2日号

「術前シミュレーションが大切」

インプラント

「術前シミュレーションが大切」

無料相談会も開催

4月2日号

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

「USボーカル教室」横浜日吉校

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク