港北区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

(PR)

育児サポート No.31 のどの病気「溶連菌(ようれんきん)感染症」とは たかたこどもクリニック

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

 喉が痛くて熱がでた。咳や鼻水もない。喉を見てみると真っ赤になっていた。

そんなときに考える病気として「溶連菌感染症」があります。

 お腹の皮膚などに細かな赤い発疹がでることもあります。唾などの飛沫感染でうつる病気で、抗生剤が良く効きます。しかし、クスリを飲み始めてから24時間は登園や登校ができません。

 怖いのはその後にリウマチ熱や血尿がでる急性糸球体腎炎という合併症ですがが、数はわずかです。

 通常、問題のない人でも保菌者といって菌を持っている人もいます。しかし、菌が喉にいるからと言って病気になるとは限りません。

病院に行って検査をしてもらうと病気に罹っているかどうかが約10分程度で分かります。
 

たかたこどもクリニック

神奈川県横浜市港北区高田東4‐23‐4高田駅前医療ビル3階

TEL:045-533-1123

http://www.kodomogenki.jp/takata/

港北区版のピックアップ(PR)最新6

「見せない」補聴器

横浜駅東口直通3分

「見せない」補聴器

補聴器レンタル実施中

1月27日号

めざそう「一生モノのスキル」

無料体験

めざそう「一生モノのスキル」

産業カウンセラーの養成講座

1月27日号

「男女脳」で家庭円満に

参加無料

「男女脳」で家庭円満に

宅建協会がオンラインセミナー

1月27日号

意外に高価な”銀製品”

遺品・生前・自宅整理

意外に高価な”銀製品”

カトラリーや置物など

1月20日号

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

連節・周遊バスで夜の横浜へ

連節・周遊バスで夜の横浜へ

2月14日まで車内装飾も

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook