港北区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

海の公園(金沢区)でワークショップを開く自称「潮干狩り超人」として活躍する 原田 知篤さん 日吉本町在住 66歳

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

家族と分かつ貝採る喜び

 ○…金沢区の海の公園で6月5日に行われる、潮干狩りのワークショップを担当するのは自称「潮干狩りの超人」。達人はたくさんいても、超人はいないだろうと自身で名乗ってしまうほど、一途に砂中の貝を探し続けている。採れたアサリで作る焼きそばがお気に入りで、ワークショップではそのレシピも伝授するという。「潮干狩りをやったことがない人をゼロにしたいんです」と熱く語る姿は少年のようだ。

 ○…初めて潮干狩りをしたのは山口市に住んでいた3歳の頃。のめり込むきっかけを作ったのは父親だった。「あの時の楽しさが今でも忘れられない」。海を初めて見た時の感動と身を寄せ合う大量の貝を見つけた時の喜びを、自身の3人の子どもたちにも味わわせてきた。その輪は広がり、今では6人の孫も連れて行くように。「アサリがたくさん採れるポイントは、子どもや孫にしか教えません」といたずらっぽく笑う。

 ○…実は高校生の時にオーボエを始め、演奏者として活躍してきた。高校卒業後、フランス給費留学生としてパリ国立音楽院などで研さんを積んだ。1974年には国際的なコンクールで入賞し、同年東京芸大の管弦楽研究部の講師に就任。音楽家の育成に携わってきた。「息抜きとしての潮干狩りが音楽に向かう活力になっていました」。しみじみと振り返る。

 ○…定年を迎えた現在は2月から11月まで、日吉から海の公園まで自転車を走らせている。長い時は4時間も滞在するという。お手製のアサリ写真集では一つひとつ几帳面に名前を付けている。真っ黒な貝に「カラス」と名付けるなどと非常にユニークだ。さらにはホームページを立ち上げ、潮干狩りに関する多様な情報を発信するほか、著書を出版するまでに。「この楽しさをより多くの人に伝えたいです。ワークショップへの参加もその一環」。この情熱を胸にこれからも”超人”の道を歩み続ける。

港北区版の人物風土記最新6

横溝 あけみさん

港北区更生保護女性会の会長を務める

横溝 あけみさん

新吉田東在住 69歳

6月17日号

葛谷 舞子さん

障がい児親子の写真展を企画し、FMヨコハマに出演予定のカメラマン

葛谷 舞子さん

日吉在住 44歳

6月10日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

横浜市在住 30歳

6月3日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月27日号

永井 温子さん

15日に開催された「第1回 妙蓮寺 本の市」の発案者である

永井 温子さん

瀬谷区在住 29歳

5月20日号

田村 淳一さん

港北警察署の署長に着任した

田村 淳一さん

港北区在住 58歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter