港北区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

日吉の丘公園愛護会 子どもたちと種まき 地域の樹木医が協力

文化

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
種をまく子どもたち
種をまく子どもたち

 日吉の丘公園愛護会(小幡和夫会長)が7月19日、日吉の丘公園内の花畑で地域の子どもたちとコスモスの種まきを行った。

 同会では、時期の過ぎた植物を腐葉土にし、次に咲かせる花の肥料とする「循環型花壇作り」を行っている。今回は現在ヒマワリが咲いている花畑にコスモスの種をまいた。自然物を肥料とすると、土の質が良くなり、開花期間が長くボリュームも出るという。子どもたちに自然に触れる喜びを伝えようと、企画された。

 当日は同会から依頼された樹木医の長谷川芳男さんや日吉本町に拠点を置く樹木医協力会が子どもたち一人ひとりに指導。自然に優しい花壇の作り方について話しながら、あらかじめ印がつけられたところに種をまいた。さらに、種が土になじむようまいた部分を足で踏む作業も。子どもたちからは「おもしろかったよ!」と声が上がった。

 同公園愛護会の池本三郎さんは「自分がまいた種が立派な花畑になる喜びを子どもたちに味わってほしい」と話す。このコスモスは、10月頃に咲く予定だという。

港北区版のローカルニュース最新6

野菜宝船鮮やかに

【Web限定記事】小机町 松本さん

野菜宝船鮮やかに 文化

横浜市役所に展示

11月26日号

災害時は”助け合い”

災害時は”助け合い” 社会

樽町連町とトレッサが協定

11月26日号

はじめての韓国語

はじめての韓国語 社会

岸根高で公開講座

11月26日号

自転車盗、不審者に注意

【Web限定記事】

自転車盗、不審者に注意 社会

港北署より

11月26日号

カップ麺デザインを考案

高田中2年

カップ麺デザインを考案 教育

東洋水産(株)と連携

11月19日号

お金の大切さ学ぶ

太尾小児童

お金の大切さ学ぶ 教育

郵便局長らが授業

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク