港北区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

ノーベル賞大隅教授 東工大で喜びの会見 周辺から祝福の声続々

文化

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で会見に臨む大隅栄誉教授(左)と萬里子夫人
笑顔で会見に臨む大隅栄誉教授(左)と萬里子夫人

 今年のノーベル医学生理学賞に決定した大隅良典さん(71/東工大栄誉教授)が4日、研究室のあるすずかけ台キャンパス(緑区)で妻・萬里子さんとともに会見に臨んだ。受賞について「この上ない光栄」と語った大隅さんは、妻と周囲への感謝の言葉を繰り返し、改めて喜びを語った。

 大隅さんは東大で理学博士を取得後、米ロックフェラー大研究員などを務め、2009年から緑区内にある東工大すずかけ台キャンパスで研究に取り組んできた。

 「この大学から偉大な受賞者が生まれたことを誇りに思う」「同じキャンパスで一緒に研究できる幸せを改めて感じた」。会見直前、大隅さんの到着を待つ学生らは口々に語った。報道陣や学生らが押し寄せ、ごった返した会場に続く階段には溢れた学生が列をつくり、長い花道ができた。

 大隅さんが到着すると大きな拍手が沸き起こり、祝福ムードは最高潮に。妻・萬里子さんを伴い会場入りした2人に元教え子から花束が手渡された。大隅さんは「この上ない光栄。良い仲間と友人に恵まれ自由な研究ができた」とあいさつした。

 妻・萬里子さんは東大大学院時代、同じ研究室の2歳下の後輩。出会ってすぐ運命を感じ、学生結婚。すぐに子どもが生まれたため、萬里子さんが働いて家計を支えた時期もあったという。現在は大磯町に居を構え、休日には2人で庭いじりをする穏やかな日々を過ごす。

「妻には感謝だけ」

 出先で受賞の一報を受けた萬里子さんは「最初嘘だと思った」という。「夫はいたずら好きで冗談ばかり。だから本当だと分かった時は心底驚いた」と話した。

 価値観がとても合い、お互いに空気のような存在だという2人。大隅さんが愛知県岡崎市で13年間の単身赴任をしていた時期も、妻は週末には様子を見に行き夫を支えた。「身体だけが心配で」と萬里子さんは当時を振り返った。

 前夜から取材などの対応に追われ着替える暇もない様子の夫のために、萬里子さんが用意したのは”ブルーのネクタイ”。「これしかましなのがなくて」とこぼすと会場は和やかな笑いに包まれた。「妻には感謝しかない。子育ても私はどこまでやれたか自信がない。自由に研究に専念できるよう支えてくれた」と大隅さんは感慨深げに話していた。
 

港北区版のローカルニュース最新6

聴覚障がい者相談窓口

【Web限定記事】市内在住者限定

聴覚障がい者相談窓口 社会

横浜ラポール内施設で

1月21日号

昨秋コンサート、動画配信

【Web限定記事】港北芸術祭実行委

昨秋コンサート、動画配信 文化

「魔笛」などダイジェストで

1月21日号

横浜F・マリノス 、23日に新体制発表会をオンライン配信

五・七・五で火の用心。「こうほく火の用心川柳コンクール」表彰式

未利用サイト料金を請求?

【Web限定記事】

未利用サイト料金を請求? 社会

港北署「特殊詐欺に注意を」

1月21日号

イベント中止

【Web限定記事】

イベント中止 社会

横浜市港北区

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク